2018年08月09日15時30分

中国から一体型VRヘッドセット「Pico G2」が登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 VR/AR向けハードウェアやソフトウェア開発を手がけるPico Technologyは、一体型VRヘッドセット「Pico G2」を発表した。日本市場でも9月10日に発売を予定している。価格は税別で4万9500円。

Pico_0809

 Pico G2は中国市場で8月1日に発売されており、およそ一ヶ月遅れで日本市場にも投入される形となる。Pico Technology曰く、「従来商品にくらべて約40パーセントの軽量化がされており、ベルトとバッテリーを除いた本体部分の重量がわずか280g」としており、その重量の軽さをウリにしている。本体には片手で操作可能なコントローラーとUSB電源アダプタが付属する。

Pico_0809

 公式ではトラッキングについて記載されていないが、複数の海外メディアによれば3DoF(3方向の回転)のトラッキングとなるようだ。名前の「G2」は、すでに同社が開発・販売している3DoFの一体型VRヘッドセット、「Pico Goblin」の「2」という意味合いなのだろう。

 今年5月に発売された一体型VRヘッドセット「Oculus Go」と比較すると、ディスプレイ解像度の高さが目を惹く。Pico G2は1440×1600の高解像度LCDディスプレイ2枚、616ppiのLCD液晶パネルを備える。重量もOculus Goのおよそ470gに対して280gと軽量だが、これはあくまでベルトとバッテリーを除いた部分の重量なので、実際の全体重量がどうなるかはまだ分からない。

 最も気になるのはコンテンツ配信プラットフォーム。Oculus Goの対応している「Oculus Store」には1,000以上のコンテンツが配信されている。仮にPico G2が独自のコンテンツプラットフォームを採用している場合、コンテンツのラインナップがOculus Goを上回るものになるのかどうか、注目が集まるところだ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking