2018年08月08日12時00分

堅実な進化が魅力のSIMフリースマホ「AQUOS sense plus」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Sense

 発売中のシャープ製SIMフリースマホ「AQUOS sense plus」を1週間ほど使ってみたので、率直な使用感をレポートしよう。

 AQUOS sense plusは、ドコモ、auが昨年11月に発売し、ロングヒットを続けている「AQUOS sense」の機能を拡張した上位モデルだ。AQUOS senseは、SIMフリー版の「AQUOS sense lite」も発売されたので、AQUOS sense liteの後継モデルと言ってもいいだろう。なお、シャープが初めて“SIMフリー専用”として開発したモデルでもある。量販店での実売価格は4万8360円(税込)だ。

Sense
本体サイズは約71×151×8.9mmで、重さは約157g
Sense
背面には1640万画素カメラを搭載。FeliCaにも対応。筆者はブラックモデルを使っているが、ほかにホワイトとベージュがある

5.5型のIGZOディスプレーを搭載
されど、結構スリム

 AQUOS sense plusは、5.5型のフルHD+(1080×2160ドット)ディスプレーを搭載している。画面アスペクト比が18:9と縦に長く、左右のベゼルが細いので、本体の横幅は71mmに抑えられている。前モデルのAQUOS sense liteの画面サイズは5型で、横幅が72mmだったので、「画面が大きくなり、なおかつスリムになった」と言っていいだろう。

 手にした印象としては、5.5型のわりにはコンパクト。片手で操作することが多い人にも適している。

Sense
大画面のわりには横幅が細く、持ちやすいサイズ感

 ディスプレーは、シャープが開発した技術によって省電力を実現したIGZO液晶ディスプレーを採用。さらに、液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質化技術や、デジタルシネマの標準規格(DCI)に対応した高色再現性も備えている。発色が良く、視認性に不満を感じる人はいないだろう。

 ディスプレーの下には指紋センサーを搭載し、ホームキーとして使うこともできる。

Sense
指紋センサーの反応は良好。ここにナビゲーションキーの機能を割り当てて、タップするだけでホーム画面に戻したり、なぞって履歴を表示したりもできる

 電源ボタンや音量ボタンの配置は標準的なので、いままで他のメーカーのスマホを使っていた人でも違和感なく操作できるだろう。

Sense
本体右側に電源ボタンと音量ボタンを搭載
Sense
SIMはnanoSIMを1枚だけ挿せるシングルSIM仕様。microSD(最大400GB)にも対応
Sense
上部にイヤフォンジャックを搭載
Sense
底部にType-CのUSBポートを備える

Androidスマホとしてベーシックな操作性

 OSはAndroid 8.0。CPUはSnapdragon 630(2.2GHz×4コア+1.8GHz×4コア)、メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GBという、ミッドレンジの構成となっている。

 スマートフォンの性能を客観視する目安となるベンチマークを計測する「AnTuTuベンチマーク」で3回テストしてみたが、最高スコアは88846で、平均では88810だった。ヘビーユーザーには物足りないかもしれないが、日常使いには十分なスコアだ。

Sense
ミッドレンジのスマホとして上々のベンチマークスコアをマーク

 AQUOS sense plusの特徴として、ユーザーインターフェースが素のAndroidに近いことも挙げられる。「連絡先」ではなく「電話帳」というアプリ名になっていたり、「フォト」以外に、シャープ独自の「アルバム」という写真管理アプリがインストールされていたりといったメーカーカスタマイズは行なわれているが、実際に操作した印象としては癖がなく、シャープも手がけているGoogleブランドの端末「Android One」に近い。

Sense
Androidスマホとしてベーシックなホーム画面
Sense
アプリ一覧画面。プリインストールされているアプリは少なめ
Sense
クイック設定パネル
Sense
「設定」画面も標準的でわかりやすい

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking