2018年08月07日18時50分

イオン、Pepperとミラー型サイネージを活用した接客実証実験

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
イオン、Pepper接客
自律走行ロボットとミラー型AIサイネージが連動して接客

 イオンフィナンシャルサービスは8月7日、人型ロボット「Pepper」とミラー型サイネージを活用した接客の実証実験を開始した。

 イオンカードの入会受付カウンターにおいて、Pepperが利用客を検知して並走しながら接客。さらに、ミラー型のサイネージでは前に立った利用客の年齢や性別を判断し、機械学習によってキーワードを自動選択して商品提案を行なうという。ミラー型サイネージとPepperは連携して接客に反映するとしている。

イオン、Pepper接客
AI技術を搭載したミラー型サイネージ

 また、商品提案のほか定期的なニュース配信や子供向けゲームといった工夫も行なうという。実証実験はイオンモール幕張新都心(千葉県千葉市)にて一定期間実施し、結果を検証したうえで設置店舗を拡大する予定。将来的には新たなタイプの無人店舗の導入も目指すとしている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking