2018年07月31日10時00分

夢の網膜ディスプレーの予約がついに開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
QDレ-ザ

 微弱なレーザーで映像を網膜に照射することで、視力が低くなってきた目でも鮮明な映像が見られる『RETISSA Display』。ASCII.jpにてその機能と凄さを何度もご紹介してきましたが、ついに予約を開始しました。

 2018年7月31日(火)10時よりアスキーストアで、予約の受け付けを開始。販売や納期についてはアスキーストアにてご確認ください。ECサイトではアスキーストアの独占販売となりますので、購入をお考えの方はお早めのご予約をお勧めいたします。

 さらに『RETISSA Display』でも映画鑑賞ができる特別上映会も決定。期間限定とはなりますが、Chinema Chupki TABATAにて新海誠監督作品『言の葉の庭』を上映し、ご希望の方は本編をスクリーンと『RETISSA Display』で楽しむことができます。詳しくは下記のイベント概要をご覧ください。

イベント概要

上映日程:8月8日(水)、22日(水)、29日(水)
上映時間:11時~13時/13時30分~15時30分/16時~18時/19時~21時
※8月8日(水)19時回は関係者限定の上映会の予定です。
参加費:1000円
参加枠:各回 18名
※希望者多数の場合、『RETISSA Display』専用シートでのご鑑賞は抽選となります。

上映の流れ

開会のご挨拶の後、本編上映(46分)
『RETISSA Display』設置席を若干数ご用意します。希望者多数の場合は抽選となります。

『RETISSA Display』の機能概要(5分)
関係者から製品の仕組みや機能についてご説明します。

『RETISSA Display』体験会(最大60分)
※参加者全員に、デモ映像を利用した『RETISSA Display』の映像を体験いただけます。

予約はこちらから(Chinema Chupki TABATA予約ページ)

『RETISSA Display』とは?

 人体に影響のない程度の低出力のレーザーを網膜に照射することによって、映像と背景の両方にピントが合った状態で映像を見られる次世代のアイウェア。スマートグラスとしてARなどへの応用ができるほか、視力が衰えてしまった人でも、ハッキリとした映像を見ることができるという利点も持っています。

QDレ-ザ

『RETISSA Display』をより深く理解したい方はコチラ

麻倉怜士が、RETISSA Displayを体験
夢の「網膜投影」にギークはもちろんAVマニアも注目すべき理由

視覚の再定義すらあり得るすごいレーザーアイウェア
視力がなくても見える!網膜にビジョンを映すQDレ-ザ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking