2018年07月19日13時00分

味の素が1位 働きやすい食料品会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

 グローバルウェイは7月18日、「食料品業界の働きやすい企業ランキング」を発表。キャリコネユーザーによる労働時間、やりがい、ストレス、休日、給与、ホワイト度の平均点(総合評価)が高い企業をまとめたもの。


 1位:味の素(3.77)
 2位:明治(3.67)
 3位:ネスレ日本(3.62)
 4位:森永乳業(3.41)
 5位:ハウス食品 (3.25)
 6位:日本ハム(3.21)
 7位:日清食品(3.01)
 8位:不二家(2.85)
 9位:ブルボン(2.79)
 9位:雪印メグミルク(2.79)

 1位の味の素は、2017年4月から8時15分始業、16時30分終業の「1日7時間15分勤務」を導入していることで知られる。不満らしい不満を漏らす口コミは少なく、労働時間以外の面でも高い評価を受けているのが印象的とのこと。

 社員からは「残業は部署や業務内容によるが、深夜に及ぶような残業はほとんどない。残業代もすべて支払われるため、やらされている感じはない。全社的に労働時間を減らしていくことが求められているため、早く切り上げて帰ることや、有休を取ることに対する後ろめたさは少ない。労働時間については相当恵まれている環境だと思う」(営業企画 30代前半 男性 年収700万円)などの声が届いている。

 2位の明治(明治ホールディングス)は、労働時間の適性化や育児・介護と両立しやすい職場環境づくりに取り組んでいる。女性の活躍に向けた取り組みも盛んで、産前産後休暇、育児休業後の復帰率、定着率は100%。ベスト5のなかでは突出して高い評価項目はないが、バランスよく高得点を獲得している。

 社員からは「繁忙期は残業することも増えますが、基本的には7時にはほぼ全員が退社しています。休日出勤をした際には振替休日を取ることができます。振替休日が残っていると、しっかり休むようにと上司からも指示があります。会社としては長期休暇はありませんが、海外旅行など、有給休暇を取得し休むことも可能です」(法人営業 20代後半 女性 年収550万円)などの声がある。

 

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking