2018年07月19日12時00分

巨大タブレットから顔認証ドアロックまで、韓国の展示会はお宝満載!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
403
韓国ならではの面白いIoT製品をチェック

 7月14~16日まで韓国・ソウルでIoT関連の展示会「KITAS2018」(Korea Smart Device Trade Show)が開催されました。IoT関連の海外展示会へ行くと韓国ブースが必ず設置されており、多くの企業が出展しています。KITASは母国開催ということで選りすぐられた企業が約150社出展しました。その中からちょっと気になった展示物を紹介しましょう。

403
今年で8回目となる韓国のスマートデバイス展示会「KITAS」

巨大! 32型のTV型タブレット

 Better Life Togetherの「Tvlet」はTVとタブレットを融合したような製品です。ディスプレーサイズは32型フルHDとタブレットとしてはかなり大きく、TVとしてはやや小さい部類に入るサイズでしょう。

 この手の製品としてはサムスン電子の「Galaxy View」がありましたが、Tvletよりも小型の18.4型でした。Tvletの本体サイズは448x841x33mm、重量は9.3Kgと小型TV並みですが、バッテリーを搭載し自宅の中の好きな場所に持ち運んで使うこともできます。バッテリー容量は1万8000mAhで4時間の利用が可能。自宅内ではACアダプターを接続して使うほうがよいでしょう。

 SoCはMediaTekのMT8173、メモリー2GB、内蔵ストレージ16GBという構成です。カメラは搭載せず、30Wの大型スピーカーを4つ搭載しています。

403
TVのようでタブレットなTvlet

 OSはAndroid 7.0が動作し、独自のUIを搭載しています。ディスプレーはタッチ操作には非対応で、スマートフォンをWi-Fi接続してスマートフォンの画面をタッチパッドやキーボードとして使うことが可能です。ゲームをするときはゲームコントローラーなどを接続して使えます。Google Playも搭載しているので一般的なAndroidアプリを使うことも可能。

 また、各IPTVのアプリがプリインストールされているため、ネットにつなぐだけですぐにストリーミング番組の視聴も可能。ここがTVでもある理由なわけです。価格は79万9000ウォン(約7万9400円)。

403
スマートフォンをポインティングデバイスとして使える
403
ゲームコントローラーはBluetoothで接続して利用

将来が楽しみなワイヤレスディスプレー技術

 WiseJetの「V-Jet」はスマートフォンやタブレット、PCの画面を大型モニターに飛ばすワイヤレスディスプレーアダプタです。周波数は60GHzで非圧縮の独自プロトコルを使用、フルHDでの転送が可能(3Gbpsまで対応)。スマートフォンなどをHDMIで接続し、モニター側にはレシーバーを取り付けて利用します。10メートル転送可能なV-Jet 10と、30メートル転送可能なV-Jet 30の2製品があります。

403
60GHz帯を使うV-Jet

 WiseJetは韓国最高峰の国立理系大学、KAIST(旧称韓国科学技術院)でワイヤレスディスプレー技術関連の研究を行なっている教授などが設立した会社です。現行製品のV-Jetは市販のチップを使っていますが、より高速・高解像度に対応するチップセットの研究開発もしています。

 現在の目標は転送レートを3Gbpsから10Gbpsに上げること。ゲーミングスマートフォン片手に大画面で3Dゲームのプレーを楽しむこともできるようになるわけで、将来の製品に期待が持てます。

403
アダプターに端末をHDMI接続し、レシーバーへ飛ばす

スマホいらず! 顔や虹彩認証でドアロックを解除

 IRISYSは生体認証技術を開発している企業で、顔認証と虹彩認証の研究を6年前から行なっています。ブースにはカメラを搭載したデバイスが展示されていました。

 スマートドアロックはドアノブの上のカメラが顔を認識して登録した顔ならロックを解錠してくれます。60㎝程度離れた距離でも認識可能で、100人の目を登録できます。また正方形型のデバイスは企業の出退勤管理などに利用可能で、こちらは虹彩を認識します。登録人数は6000人まで対応し大企業での利用も可能とのこと。

403
IRISYSの顔認証によるロッキングデバイス

 一方、手のひらに収まる小型のデバイスは虹彩認証を搭載。光彩を登録しておき、Windows PCのログインや特定のファイルへのアクセスをコントロールすることも可能とのこと。今の製品サイズはキーホルダーのように外付けとして使う大きさですが、いずれはより小型化されてノートPCへの搭載やスマートフォンに内蔵できる大きさになるでしょう。銀行のATMでキャッシュカード利用時に暗証番号ではなく顔や光彩認証を使う応用展開も考えているとのことで、海外の銀行との交渉も進めているそうです。

403
PCのログインやロック解除にも対応する虹彩認証デバイス。USBでPCと接続
403
虹彩を読み取ることでPCへのアクセスをコントロールできる

指先に取り付ける小型マウスは子供や年配者にも配慮

 アイディア勝負ともいえる製品が、Goalm Treeの指先マウスです。16gと軽量な本体に4つのボタンを備え、指先に装着してBluetoothマウスとして利用できます。15分の充電で5時間利用できるので、充電切れの心配もないでしょう。5メートルの距離まで届くので、ちょっと離れた位置にあるPCの操作も可能。さらにはレーザーポインターも内蔵されており、プレゼン時にも利用できます。

403
マウス+ポインターの2つの機能を備える

 机の上でマウスが使えないシーンのみならず、マウスを握るのが難しい年配者や障害のある方、さらに子どもなどもターゲットにしているとのこと。スマートフォンと接続すれば画面をタッチせずにアプリの起動やスクロールもできるので、ハンズフリーでスマートフォンを利用することもできます。1つ持っているといろいろと便利に使えそうです。

403
スマートフォンのハンズフリー操作も可能

首にかけて使うBluetoothスピーカー

 EM-Techの首掛けBluetoothスピーカーはイヤホンタイプと違い、スピーカー部分がオープン構造のため耳への圧迫感がありません。首にかけて使うため邪魔にもならず、指向性の高いスピーカーを使っているため臨場感あふれる音の再生が可能とのこと。この手の製品はソニーなどがすでに製品化していますが、一人暮らしの部屋でホームシアター気分を味わうこともできそうです。

403
最近流行の兆しを見せる首掛け式のスピーカー

 本体の先端部の左右には大きめの音楽コントロールボタンを備えます。指先で触れるだけでボタン形状がわかるのでスムースな操作ができそう。スピーカーは大きく内側を向いており小さな音もしっかりと聞くことができるでしょう。1回の充電で14時間利用可能。価格は11万9000ウォン、日本円で1万円ちょっとと手ごろです。

403
音楽再生にも適したデザイン

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking