2018年07月13日10時00分

PCゲームを超高速ロード!今すぐ買うべきNVMe対応M.2 SSD「970 EVO」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ヒートシンクによる温度低下で転送速度は変わる?

 では、NANDやコントローラーの温度を下げて転送速度はどう変化したか? 結論から言ってしまえば、変化はなかった。

 一般的にNVMe SSDは書き込み処理が多いと温度はグングン上がっていき、ある上限温度に達したところでガクンと極端に速度が落ちる。しかし、今回の検証環境ではヒートシンクなしで運用しても970 EVOが温度上昇が原因で減速することはなかった。減速はあくまでIntelligent TurboWriteの有効サイズからあふれる瞬間に起こっており、温度上昇に起因するものではない。

ASCII
ASCII
左がヒートシンクなしのとき、右がヒートシンクありのときのファイルコピーの速度変化。ほとんど変わらず、速度が落ちたのはどちらも約13秒後。

 NVMe SSDでは大きなファイルコピーになると、最初こそ景気よくトップスピードで作業してくれるが、後半は温度上昇に伴う速度低下と再上昇を繰り返し、のこぎりの歯のようなグラフになることが多い。製品によっては一時的に毎秒100MB以下に落ちるものもある。そのため、温度上昇を抑えるヒートシンクをつけるのが定番になっている。

 しかし、今回試した970 EVOの500GBモデルの場合は22GBまでのファイル程度なら最後まで毎秒2300MBのトップスピードで書き込み終わる。60GB程度のファイルになっても後半は毎秒600MBをキープし、温度が上がりきる前に作業を終えてしまうのだ。

 では、ヒートシンクは必要ないのではないか? というとそんなことはない。データ保持の観点から考えれば、NANDの温度は低ければ低いほどいい。ヒートシンクをつければ温度上昇がかなり抑えられるため、NANDの劣化スピードを抑制し、故障する可能性を大きく低減してくれるだろう。

ASCII
バンドルされるヒートシンクCタイプをSSDに装着したところ。アルミ冷却プレートは絶縁テープで固定。プレートには放熱シリコンパッドが貼られている。

 というわけで、970 EVOのレビューのまとめに入ろう。PCゲームのロード時間の速さは素晴らしく、HDDユーザーなら全員速攻で乗り換えて良しな1台だ。また、温度と速度のバランスも非常に賢いの一言。M.2スロットが複数あれば、OS用とゲーム用とに分けて970 EVOを2枚導入するのも全然アリ。キャンペーン中にヒートシンク付属モデルを購入しておけば、よりハードな環境でも万全の状態で長く使えるだろう。

■関連サイト
Samsung 970 EVO製品ページ
970 EVOを買って「長尾製作所オリジナルヒートシンク」をゲット! キャンペーンページ

(提供:日本サムスン)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking