2018年07月08日01時00分

ポタ研 2018夏で見つけた新製品

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 7月7日に東京・中野サンプラザで開催された「ポータブルオーディオ研究会 2018 夏」。主催のフジヤエービックは4月に「春のヘッドフォン祭 2018」を開催しているが、よりマニアックな趣向のイベントになっている。

 会場で見かけたハイレゾプレーヤーの注目機種に関しては、第1回で紹介した通り。ここではヘッドフォン・イヤフォンを中心に、それ以外の注目機種を紹介する。

超コンパクトにたためるロングセラーヘッドフォンが無線化

 ティアックのブースではbeyerdynamicのAMIRON WIRELESS JPを中心に据えつつ、国内未発表の製品を参考出品した。

ポタ研2018夏
AMIRON WIRED
ポタ研2018夏
DT 240 PRO
ポタ研2018夏
Impacto Universal
ポタ研2018夏

 4製品あり、そのうち3製品がbeyerdynamic製品だ。まずはコンパクトなオンイヤータイプの「AVENTHO WIRED」。「AVENTHO WIRELESS」の有線版で、ケーブルは両出し。次にエントリークラスのモニターヘッドホン「DT 240 PRO」、そして、小型だがT1など、駆動が難しいテスラドライバー搭載の大口径ヘッドフォンも駆動できる「Impacto Universal」。384kHz/32bitのPCM、5.6MHzのDSD対応で、DAC内蔵ヘッドホンアンプ「Impacto Essential」をベースに、iOS/Androidに両対応し、一体化して持ち運べるバッテリーパックを追加した。

 最後がKOSS製品で、超ロングセラーモデル「PORTAPRO」をBluetooth対応とした「PORTAPRO WIRELESS」となる。円筒形のポーチはデザインも洒落ており、オンイヤータイプでありながら非常にコンパクトに持ち運べる。

ポタ研2018夏
PORTAPRO WIRELESS
ポタ研2018夏

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking