2018年07月06日09時00分

中国QRコード決済「アリペイ」沖縄で試したら失敗した話

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
001
沖縄都市モノレール(ゆいレール)。那覇空港と那覇市内を結んでいる。

 QRコード決済の注目度が高まる中、沖縄都市モノレール(ゆいレール)が中国アリババ系のAlipay(アリペイ)に対応する実証実験が始まりました。

 7月20日までの期間限定とのことなので、さっそく那覇まで行ってきました。

■ゆいレールではSuicaが使えない

 那覇の観光に便利なのが、那覇空港と首里を結ぶゆいレールです。しかしSuicaなど全国で相互運用が進む交通系ICカードは利用できず、独自のOKICAが使われています。

 紙の切符を購入すれば乗れるとはいえ、券売機には長蛇の列ができていることもあり、長時間のフライトを終えたばかりの観光客には悩ましい問題です。

001
予備知識がないとがっかりする、「OKICAのみ」の掲示。
001
ゆいレールやバスで利用できる独自ICカード「OKICA」

 そこで注目したいのが、今回のアリペイ対応です。案内はすべて中国語と、基本的には中国からの観光客のためのサービスといえます。

 しかし、少しでも多くの人がまっすぐ改札に向かってくれれば、券売機の列は短くなり、日本人にとってもメリットは大きいといえます。

001
6月22日から7月20日までアリペイに実験的に対応する
001
使い方を説明した中国語のパンフレットも。

 自動改札機をQRコード決済に対応させる上で問題になるのは、どうやってQRコードを読み取るのかという点です。この点、ゆいレールは紙の切符でもQRコードを利用しており、改札機がリーダーを備えています。アリペイとの相性はもともと良かったといえるでしょう。

001
ゆいレールの切符にはQRコードが印刷されている。
001
自動改札機はFeliCaとQRコードに両対応している。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking