2018年07月05日10時00分

隠れ家的に「音」を楽しむ、ONKYO BASEが本日Gオープン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ONKYO BASE

 オンキヨー・パイオニア製品のショールーム「ONKYO BASE」が本日7月5日にグランドオープンする。万世橋のmAAch(マーチ)エキュートの一角を占める(最寄:JR秋葉原駅または銀座線神田駅)。展示アイテム数は50点を超え、1日あたり1000人の来訪を見込んでいるそうだ。

やっぱり見てから買いたい、「アニメコラボ」製品を展示

 両ブランドのショールームは昨年まで東京・八重洲にあったが、土地再開発によりビルの建て替えが決定。東京における製品展示の拠点として、新天地の秋葉原を選んだ。

 オンキヨー株式会社 執行役員の奥村暢章氏は「一般的なオーディオのショールームではなく、ポップカルチャーの発信の場にあえておいて、ライフスタイルを表現できればと考えている」とコメント。そもそも秋葉原にショールームを構えるオーディオメーカー自体が稀だが、mAAchエキュートは、生活空間における提案を表現できる場所として選んだという。またここ数年、両ブランドが注力しているアニメコラボ製品を展示するという意味でも親和性の高い場所と判断したようだ。

ONKYO BASE
ONKYO BASE
アニメコラボ製品を実際に体験できる点はウリのひとつ
ONKYO BASE

 ONKYO BASEのコンセプトのひとつは「ここだけの体感」だ。まだMWC 2018で展示しただけの4K+ハイレゾ再生対応の「GRANBEAT Hi-Res Tablet」など、販売前の製品を参考展示したり、ウェブサイト(ONKYO DIRECT)を通じた受注生産のため、実機に触れる機会がほぼなかったコラボモデルの試聴ができる環境も整えている。見て、触って、聴く体験を重視したスペースだ。

ONKYO BASE
GRANBEAT Hi-Res Tabletは4K液晶、バランス駆動用出力、4スピーカーなど音と映像にこだわった製品。GRANBEATシリーズのデザインポイントを多く踏襲している
ONKYO BASE
ONKYO BASE
ONKYO BASE

 ONKYO BASEを実際に歩いてみると、ヘッドフォン・イヤフォン・携帯音楽プレーヤーなどを中心にしつつ、AVアンプやHi-Fiシステムの展示も見られる。またライフスタイル商品として、オリジナルグッズも展開。オンキヨー製スピーカーをあしらったTシャツや、ウェルネス製品など、オーディオ機器のショールームの枠にとらわれない施策を取り入れる。将来的にはアニメやアーティストコラボ製品と紐づけたファン向けアイテムの販売も考えているそうだ。

ONKYO BASE
なぜか大相撲とタブレットのTシャツも(オンキヨー・パイオニアの拠点は両国にある)
ONKYO BASE
ONKYO BASE

 コラボ製品はウェブからの受注のみだが、それ以外の製品はその場で購入できる。カスタムIEMの耳型採取やアウトレット品の販売なども実施する。

ONKYO BASE
アウトレット品の販売もしている
ONKYO BASE
試聴機も豊富だ
ONKYO BASE
ライフスタイル製品ということで、こういうグッズも置いている

 ユーザーとコミュニケーションを取る場として、イベントも積極的に実施する計画。直近では、7月10日はオーイシマサヨシ氏のトークショー。11日にはHello,Wendyのメンバーとサウンド・プロデューサーを迎えたトークショーなどが予定されている。

 ONKYO BASEは7月5日(木)11:00にグランドオープン(閉店は20:00)。7月31日までは全品10%オフのキャンペーンも実施中だ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking