2018年07月01日18時00分

「何ができるか」ではなく「誰が配信しているか」でライブ配信を選ぶ時代に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部で2018年4月12日に公開した「『何ができるか』ではなく『誰が配信しているか』でライブ配信を選ぶ時代に」を紹介します。


ライブ配信メディア完全解剖

 従来のライブ配信プラットフォームは、視聴者がコメント機能で配信者とコミュニケーションをとることができる双方向性な機能をもつ“ライブ配信単体”というのが主でした。しかし最近は、高画質で視聴ができる機能をもつゲーム実況配信のプラットフォームや、配信者を支援することができるギフティング(投げ銭的)の機能をもつプラットフォームなど、さまざまな”ライブ配信+α“のサービスが生まれています。

 ただ、ライブ配信プラットフォームが成熟し、どこも機能的に大きな差がなくなったことでプラットフォームの良し悪し(機能性)で視聴者が集まる時代は終わろうとしています。これからは「プラットフォームの良し悪し」よりも「配信者(=人)」で、視聴者が見るライブ配信のコンテンツを選ぶ流れに変わっているのです。

プラットフォームの良し悪しで選ばれる時代が終わる

 ライブ配信をする配信者やプラットフォームがまだ多くなかった黎明期時代、視聴者たちはプラットフォームの良し悪しで視聴するコンテンツを選びました。例えば、匿名性があるコメント機能で画面の向こうの配信者へ気軽にメッセージを送ることができることに魅力を感じた視聴者は「ニコニコ生放送」を選び、スマートフォン一台で手軽に電波状況があまり良くなくても安定して視聴できることに魅力を感じた視聴者は「ツイキャス」を選んだように。

 しかし、いまではFacebookやLINE、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアがテキストや写真、動画の投稿機能に加えてライブ配信の機能も持ったことによって、“ライブ配信”という言葉や仕組みが特別な人だけではなく、若い世代を中心とした人たちにも認知されはじめるようになります。


 続きは「『何ができるか』ではなく『誰が配信しているか』でライブ配信を選ぶ時代に」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

320

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking