2018年06月29日10時00分

Xperia XZ Premiumを3点セットと組み合わせてカーナビとして使う

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「Xperia XZ Premium(SO-04J)」で筆者的に利用頻度の高いアプリは「Googleマップ」になります。フリーライターということで、ほぼ毎週どこかの発表会や説明会、打ち合わせなどに参加していますが、毎回場所はバラバラ。そのため、その場所までのルート検索に活用しています。

52
よく使うのは公共機関の移動ルート検索

 そのほかクルマに乗るときのカーナビとしても利用しています。自宅のクルマには一応2DINタイプのカーナビを装着していますが、約10年前の製品で地図のアップデーも最終バージョンアップが2012年と5年前と古くなっています。そのため、Xperia XZ Premiumを使って地図のアップデートも早いGoogleマップをカーナビとして利用しているわけです。

52
カーナビとしてXperia XZ Premium
52
予想到着時刻や渋滞情報もチェックできるのでカーナビとして問題なし

 Xperia XZ Premiumはディスプレーが5.5型と、2DINタイプのカーナビよりは小さいですが、音声案内もしっかりしているので十分。音声入力も使えるので、ホルダーで固定しても操作しやすいです。

52
音声入力で目的などがセットできるのも便利

 Xperia XZ Premiumをカーナビとして使うために別途用意しているのは、ホルダーとシガーソケット用のUSBチャージャー、そしてUSB Type-Cケーブルです。ホルダーはエアコンの送風口に装着できる簡易的なタイプを使っています。ネット通販で580円ほどで購入しました。ホルダーはいろいろ試したのですが、ダッシュボードの上にあるとドライバーの視界を遮るのでこれに落ち着いています。

52
エアコンに送付口に装着するコンパクトなホルダー
52
送付口の羽根に挟み込むだけで装着できる

 USBチャージャーはAnkerの2口タイプ。すでに販売終了製品となっていますが安定して給電できています。Xperia XZ Premiumだけでなく、スマートフォンをカーナビとして使うと、ディスプレーは点けっぱなしになるので、かなりバッテリーを消費しますので必需品です。

52
シガーソケットから充電できるようにしておく

 さらにXperia XZ PremiumとUSBチャージャーをつなぐUSB Type-Cケーブルは巻き取り式を使用。これは走行中にケーブルがブラブラしていると邪魔になるので、装着後巻き取って最適な長さにするため。

52
ケーブルは巻き取り式を使用している
52
ケーブルをドリンクホルダーにひっかけて、2DINのカーナビにかからないようにピッタリの長さに調節

 この3点セットでXperia XZ Premiumをカーナビにしたドライブをしています。ちなみに2DINのカーナビは、ラジオや音楽を流すためのメディアプレーヤーとして使用。ということは、Android Auto対応の製品もいいなと思い始めたりもしてます。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking