2018年06月18日12時00分

「FREETEL REI 2 Dual」は3万円の値段以上の質感と使い勝手

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
FREETEL

 「FREETEL」(フリーテル)は、2017年まではプラスワン・マーケティングが展開していた格安スマホのブランドだ。一時期は、有名タレントを起用したテレビCMを流すほどの勢いを示していたが、実際には派手に宣伝するほど儲かっていなかったようで、あえなく経営が破綻した。

 フリーテルは、端末と通信サービス(SIM)の両方を展開していたが、端末事業はMAYA SYSTEMに譲渡され、「FREETEL」というブランドも引き継がれた。通信サービスは楽天モバイルに譲渡され、すでに統合されている。

 今回レビューする「REI 2 Dual」は、プラスワン・マーケティング時代に企画・開発され、開発チームがまるごとMAYA SYSTEMに引き継がれて、新生フリーテルの第1弾として発売されたモデルだ。

 発売当初の実売価格は3万6800円(税別)だったが、競合モデルとの競争力を高めるためか、現在の量販店での実売価格は2万9780円(税別)と、かなり安くなっている。もしかして、めちゃくちゃコスパ高のモデルではないのか? と思い、その使い勝手をチェックした。

本体の質感は上々!
指紋センサーも使いやすい

 REI 2 DualのCPUはSnapdragon 625(2.0GHz×8コア)で、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GBという構成。5.5型のフルHDディスプレーを搭載している。最近は、ハイエンドモデルを中心に、画面アスペクト比が18:9の縦長ディスプレイを採用する機種が増えているが、REI 2 Dualの画面比率はベーシックな16:9。本体サイズは約75×152×7.9mmで、重さは約158g。さほど薄くもなく、かと言って分厚くもない、ほどよいサイズ感だ。背面パネルがラウンドフォルムになっているので、手にもなじみやすい。

FREETEL
5.5型のフルHD(1920×1080ドット)ディスプレーを搭載
FREETEL
背面にはデュアルカメラと指紋センサーを備える

 スペックとしてはミドルハイに位置付けられるモデルだが、ボディーの質感などは、ハイエンドモデルに負けず劣らずリッチな印象だ。フロントパネルには、エッジに微かな曲面処理を施した2.5Dガラスを採用。背面パネルは多層コーディングに3Dガラスを重ねて、光沢が際立つ仕上がりになっている。ツルッとした手触りなので、うっかり落としてしまいそうで不安になったが、実際には安定したホールド感が得られるためか、落とすことはなかった。

 ただし、片手で操作することが多い人は、しまうのではないかと心配になった。2週間ほど使って、落下させたことはないのだが、スマホケースに入れたり、落下防止用のリングなどを付けるのが望ましいだろう。

FREETEL
右側面に電源ボタンと音量ボタンを搭載
FREETEL
nanoSIMを2枚装着でき、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応。1枚はmicroSDとの排他利用となる
FREETEL
底部のUSB接続口はType-C。独立したイヤフォンジャックも備える

 背面には指紋センサーを搭載。人差し指があてやすい位置にあり、認識もスピーディーだ。

FREETEL
しっかりとつかめるが、横幅は約75mmあり、片手での操作には制約が生じる
FREETEL
背面の指紋センサーは指をあてやすい位置で、シャッターボタンとしても使える
 REI 2 Dual
メーカーFREETEL
ディスプレー5.5型液晶
画面解像度1080×1920ドット
サイズ75×152×7.9mm
重量158g
CPUSnapdragon 625
2GHz(オクタコア)
内蔵メモリー4GB
内蔵ストレージ64GB
外部メモリーmicroSDXC
(最大256GB)
OSAndroid 7.1
LTE対応バンド1/2/3/4/5/7
/8/12/17/18/19/20
/26/28/41
3G対応バンド1/2/4/5/6/8/19
DSDS 4G+3G
CA対応○(2CC)
au VoLTE
無線LANIEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数リア:13メガ(RGB)
+13メガ(モノクロ)
/イン:16メガ
バッテリー容量3300mAh
防水/防塵×/×
指紋センサー
SIM形状nanoSIM×2
USB端子Type-C
カラバリBLACK、BLUE、WHITE

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking