2018年06月16日10時00分

AQUOSやOPPOも! 台北で見つけた日本未発売のスマホたち

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
398
HTC U12+の広告も目立つ台北

 「COMPUTEX TAIPEI 2018」の取材終了後、台北市内をふらりと探索して台湾で販売されているスマートフォンを探してみました。メーカーが自由に端末を売る台湾だけに、日本未発売の製品もいくつか見かけました。

 台北市内はあちこちにスマートフォンの大型広告が目立ちます。日本でも発売予定の「HTC U12+」の広告は地元だけあってよく見かけますが、やはり今一番勢いがあるのはOPPO。最新モデル「R15」の広告は地下鉄の駅などを中心に繁華街でも目立ちます。OPPOは台湾市場の月間スマートフォン販売数1位になることも多く、気が付けばすっかりメジャーな存在になっています。

398
台北市内で目立つOPPO R15の広告

 台北のITビルSyntrend(三創生活園区)のOPPOの店でもR15を一押しで販売中。上位モデルのR15 ProはSnapdragon 660搭載のミドルハイモデルですが、台湾では紫色モデルを強く押しているようです。赤色もありますが、どちらも背面は単色ではなく濃い色から薄い色へとグラデーションをかけた仕上げになっています。付属の透明カバーをつけて背面を見せびらかしたくなりますね。

398
OPPOのショップももちろんR15を大きくアピール。来客も多い
398
R15 Proの紫モデル。背面はグラデーション仕上げ

 さてHTCもSyntrend内にお店を構えています。U12+に加え、昨年発売の「U11」「U11+」など上位モデルのUシリーズをショップの前面に展示しているほか、純正アクセサリーも豊富に扱っているのが魅力。HTCファンはもちろんのこと、日本で売られていないHTC製品がいろいろと販売されています。

398
HTCのお店も台湾ならではの存在

 今年発売された「Desire 12/12+」は魅力ある存在。Snapdragon 450搭載のエントリー機ですが、1300万画素+200万画素のデュアルカメラ、光沢仕上げの背面で価格は日本円で3万円を切ります。価格の安さを感じさせない上質な製品は、日本のSIMフリー市場にもぜひ投入してほしいもの。2台目用途にもいい製品です。

398
3万円を切る低価格機のDesire 12+
398
光沢ある背面仕上げ

 さてここにはROGのお店もあります。ASUSとは別の店になっており、ゲーミングPCが展示され自由にゲームを楽しめます。残念ながらCOMPUTEX TAIPEI 2018で発表になった「ROG Phone」の展示はありませんでしたが、発売直前になれば実機を試せるようになるでしょう。

398
ROGのお店もある。ゲーミングPCを自由にためせる

 さて、食事がてら市内のキャリアショップをいくつか回ってみましたが、Taiwan Mobileには「Sugar」の広告が大々的に出ていました。Sugarは女性をターゲットにしたスマートフォンメーカーですが、台湾ではキャリアと組んで攻めているようです。

398
Sugar推しなTaiwan Mobile

 お店に入ってみると、最初に目に入ったのはシャープのスマートフォン。日本未発売の「AQUOS S3」です。日本で出ている「Android One S3」とは別の製品。海外専用モデルは以前はAQUOSブランドはつけずにSharpブランドでしたが、今年に入ってからAQUOSで統一したようです。

398
日本未発売の「AQUOS S3」

 6型(1080×2160ドット)ディスプレー、Snapdragon 630、リアカメラは1300万画素+1200万画素、フロントカメラは1600万画素という構成。ノッチは他社品と類似の横長スタイル。フロントカメラ重視は最近のアジア市場の流行りで、ミドルハイ市場に真っ向から挑む製品です。価格も日本円で4万円台とこなれているので、海外市場でも十分受け入れられそうです。

398
バランスの取れた機能と価格が魅力

 そしてキャリアイチ押しのSugarは「S11」。Sugarはフランスのブランドですが、親会社はWikoと同じ中国のTinno Mobile。女性をターゲットにした製品を展開していて、S11はフロント、リアそれぞれデュアルカメラで、合計4つのカメラが特徴。

398
女子向けスマホの「Sugar S11」

 スペックは6型(1080×2160ドット)ディスプレー、Snapdragon 450、リアは1600万画素+800万画素、フロントは2000万画素+800万画素のカメラ。本体側面のクイックボタンはカメラのシャッターや録音、ライトなどをワンタッチで起動できます。ボタンにはスワロフスキーのクリスタルがあり、これはSugarの初代モデルからのアイデンティティーになっています。台湾女性の心をどこまでつかめるか、興味深い製品です。

398
光沢感を高めた背面仕上げ
398
クイックボタンはスワロフスキー仕上げ

 台湾にはほかにもノキアのスマートフォンが複数モデル販売されています。街中の家電店やキャリアを探索しているだけで、1日があっという間に過ぎてしまうほど。取材の合間ではなく、仕事抜きにスマートフォンだけを見にまた訪問したいものです。

398
Nokia 7 Plusも台湾では普通に販売されている

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking