2018年06月15日09時00分

Fitbitはスマートウォッチで復権できるか? 「Fitbit Versa」6月15日発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Fitbit
手前の2モデルは「Fitbit Versa」のスペシャルエディション。手前左は、ローズゴールドカラーのアルミケースを採用した「ラベンダー・ウーブン」3万1320円、6月29日発売予定。隣はグラファイトカラーのアルミケースを採用した「チャーコール・ウーブン」3万1320円、6月15日発売予定

 フィットビット・ジャパンは、フィットネス機能に特化したスマートウォッチ「Fitbit Versa(ヴァーサ)」を6月15日より発売を開始する。発売に先立ち、6月5日にGINZA SIX13階ザ・グラン銀座にて、新製品発表会とアプリ開発者向けイベントが行なわれた。

Fitbit

 フィットネストラッカー(活動量計)のトップシェアメーカーとして君臨したFitbitは、活動量計市場が縮小傾向にあるなか、2016年末にスマートウォッチメーカーのPebbleを買収。2017年10月にはPebbleの資産を受け継ぐFitbit OSを搭載した、同社初のスマートウォッチ「Fitbit ionic」を発売した(国内では2018年1月発売)。新モデルの「Fitbit Versa」は、女性向けのヘルスケアトラッキング機能が搭載し、より幅広いユーザー層の獲得を狙う。

Fitbit
「女性の健康状態のトラッキング機能」生理期間や体調などを記録し、女性特有の健康管理に役立てられる

女性のための健康状態のトレッキング機能を搭載

 Fitbit Versaは、軽く丈夫なアルミニウム製の角丸ケースにシリコンベルトのシンプルなデザインで、スポーツシーン以外でも身に着けやすい。シャープなフォルムのFitbit ionicに比べて、カジュアルで親しみやすい印象だ。

 歩数、心拍数、睡眠トラッキングなど活動量計としての基本機能に加え、iPhone/Androidスマートフォンと接続することで電話やメッセージの着信通知、ニュースや天気予報などの各種アプリ、音楽コントロール、内蔵NFCチップでの決済(日本未対応)、といった機能を備える。また、4日以上持続する長寿命バッテリー、水深50mの高い防水性能が特徴だ。ionicで内蔵されたGPSはVersaでは非搭載となり、位置情報はスマホのGPSから取得する。

Fitbit
「クイック返信機能」通知されたメールやメッセージに返信できる(Androidスマホのみ対応)

 新機能として女性の健康状態のトラッキング機能と、テキストメッセージへのクイック返信機能が追加された。

 女性の健康状態のトラッキング機能は、生理周期や体調などをカレンダーに登録することで、生理期間の予測や妊娠しやすい期間を確認するためのものだ。同機能は5月からリリースされ、米国では、すでに240万人以上のユーザーが利用しているとのこと。心拍数や活動量、睡眠などのデータと組み合わせることで、将来的には女性の健康に関するデータベースとしての活用が期待される。

Fitbit
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、日本法人企業で初めて約300台のFitbit Versaを導入

 日本国内では、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険がFitbit Versaを約300台導入することを決定しており、女性社員を中心に貸与される予定だ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking