2018年06月12日21時00分

乾電池使った製品をビーコン化できる「MaBeee ビーコンモデル」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
m

 ノバルスは6月12日、乾電池型IoTデバイス「MaBeee」において、ビーコンに対応した「MaBeee ビーコンモデル」を発表した。

m

 MaBeee ビーコンモデルは、身の回りの乾電池を利用した製品をビーコン化する。これによりビーコン受信機に近接したとき、自動的に何らかの情報を伝達するなどのアクションを起こせるとしてる。

 単3電池形状のMaBeeeに単4乾電池を装着する形状のため、安価な電池が使え、容易に電池交換が可能。身の回りの製品に付いている乾電池ボックスに装着して利用することで、乾電池製品自体をビーコン発信機としても使えるとのこと。

 使用用途としては、電池を利用した人感センサーなどにビーコンを組み込みたい場合や、懐中電灯、カメラ、ハンディポータブルラジオなどあらゆる乾電池を使う個人所有物の紛失防止などを想定しているという。

 同社は、MaBeeeにおけるビーコンプラットフォームを持つ企業とのコラボレーションに向けた営業を開始。ビジネスパートナー向けに、ビーコン設定用アプリやセキュリティーを強化したラインナップも同時に開発するとしている。

 また、USB給電モデルなど、引き続きビーコンラインナップの強化を進め、幅広い顧客ニーズへの対応を進めるとのこと。

 今後は、乾電池形状だけでなくビーコンモジュールの提供や、既存のMaBeeeで持つ「モニタリングモデル」や「コントロールモデル」との複合モデルなど、数多くのセンサーを用い、ビーコンとセンサーを複合化した使い方などのニーズの発掘にも取り組んでいくとしている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking