2018年06月06日08時45分

iOS 12のグループFaceTimeって回線速度が遅くても大丈夫?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
WWDC2018
iOS 12やmacOS Mojaveで利用できるグループFaceTime機能。最大32人で同時にビデオ通話ができる

 6月4日(現地時間)に始まったWWDC18。基調講演では、iPhoneやiPad、Macで利用できるビデオチャット機能「FaceTime」に、グループFaceTimeという機能が追加された。最大32人と同時ビデオ通話できるというこの機能。モバイル回線などでも十分なパフォーマンスが得られるのだろうか。

 アップルによると、グループFaceTimeは「メッセージ」アプリとも連携しており、「メッセージ」アプリ経由でビデオ通話に参加できるという。音声のみのFaceTimeオーディオでも参加可能だ。

 気になるのはそのパフォーマンスだが、参加人数はあまり関係がないとのこと。通話を開始すると音声や映像などのすべてのテータは暗号化されて、アップルのサーバーに送信される。実際にユーザーが見ている映像や音声は、サーバーからまとめて1本のビデオストリーミングとして送られているもの。つまり、複数の端末と相互接続しているわけでなく、アップルのサーバーと1対1でつながっているだけなので、人数が増えてもパフォーマンスは落ちないそうだ。

 細い帯域でグループFaceTimeに参加しているユーサーは、その帯域に応じてビデオストリーミングの画質を下げることでパフォーマンスを維持する仕組みとのこと。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking