2018年06月05日13時30分

ASUSから血圧測定付きスマートウォッチ「Vivo Watch BP」登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 6月5日、ASUSは「COMPUTEX TAIPEI 2018」にあわせて台湾でプレスカンファレンスを開催。スマートウォッチの新モデル「Vivo Watch BP」を発表した。台湾では今月末に発売予定で、価格は169米ドル(約1万8600円)。日本での発売は検討中とのこと。

ASUSVIVO
ASUSVIVO
血圧測定機能を装備したスマートウォッチ「Vivo Watch BP」

  ASUSはOSにWear OS by Google(旧Android Wear)を採用した「ZenWatchシリーズ」を発売しているが、「Vivo Watch BP」は独自OSを採用。スポーツやヘルスケアよりのモデルとなるため、「Zen」ブランドではなく「Vivo」ブランドのネーミングにしたとのこと。

 最大の特徴は、単体で血圧の測定に対応していること。本体背面とフェイス面のディスプレー左にECGセンサーとPPGセンサーを搭載。ECGセンサーは電気信号で心拍数を計測でき、PPGセンサーは光学式で血液の流れを測定でき、この2つの数値を元に血圧を割り出す仕組みだ。

ASUSVIVO
本体背面は大きな金属製のECGセンサーに覆われており、中央がPPGセンサーになっている
ASUSVIVO
ディスプレー左の丸いパーツがECGセンサーで、その下にPPGセンサーがある
ASUSVIVO
血圧を計測するときは、指を添えるだけ

 計測方法はディスプレーをタッチ操作して血圧計測モードに切り替え、ディスプレー横のセンサーに指をあてるだけ。15秒ほどそのままにしていると計測完了。ちなみに指を押しつけると数値が変わってしまうので、添える程度に指をあてるようにして計測する。

 ASUSは「毎年940万人が高血圧で亡くなっている。しかも世界中で高血圧患者は増加しており、2025年には世界で患者数は15億人に達すると予測さえれている」と説明。そのため日ごろの健康管理に血圧測定が重要になってくるが、本格的な血圧計はサイズも大きく持ち運びにも不便。そこでスマートウォッチに血圧測定機能を組み合わせたとのこと。

 スマートフォンとはBLEで接続でき、Android、iOSそれぞれに専用アプリが用意される。計測したデータはこの専用アプリで管理でき、血圧のほか心拍数や歩数、睡眠時間といったデータがチェック可能。さらにAIを使った健康診断機能「Health AI」も装備。計測したデータを元に、日々の運動量などをアドバイスしてくれる。また今後は家族や医療機関ともデータを共有することで、健康管理や治療などに役立てていきたいとのこと。 

ASUSVIVO
ASUSVIVO
睡眠時間やカロリーなどを計測
ASUSVIVO
専用アプリで計測したデータがチェックできる
ASUSVIVO
血圧や心拍数も定期的に計測して可視化可能
 
ASUSVIVO
「Health AI」では計測データを元に健康についてのアドバイスがもらえる

 ウォッチフェイスは複数用意されており、専用アプリからスマートフォンの各種通知を送信する機能もるので、スマートフォンとしても十分活用できる。

ASUSVIVO
アナログふうなど数種類のウォッチフェイスがある
ASUSVIVO
アプリごとに通知を受けるか選択可能

 バンドは樹脂で防水機能はIP67に対応している。バッテリーは充電式で、専用の充電アダプターにセットする方式。省電力のMCUと高反射ディスプレーの採用、さらに電源管理技術により、一般的な使用方法なら最長28時間の連続使用が可能となっている。

ASUSVIVO
右側面には操作用のボタンを配置
ASUSVIVO
左側面には充電用の端子がある
ASUSVIVO
充電は専用アダプターにセットする

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking