2018年05月24日10時00分

上海の一等地にあるOPPOのフラッグシップストアを訪問した

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
394
OPPOの上海旗艦店

 グローバルでは「R15」「F7」そして「RealMe 1」など次々と新製品を投入しているOPPO。その地元・中国上海には巨大なフラッグシップストアを構えています。OPPOの世界観を旗艦店ではどのように体験できるのでしょうか?

394
OPPOの緑色のロゴが目立つ。住所は上海市黄浦区淮海中路街道淮海中路688号

 OPPOのフラッグシップストアは上海の繁華街、淮海中路にあります。ここはブランド品の店なども立ち並ぶ上海でも人気のエリア。ちょっと歩けは新天地もあります。多くの人が行き交うこのエリアにOPPOは店を構えているのです。営業時間は朝10時から夜の22時まで、年中無休です。

394
訪問したのは4月、夜21時過ぎでも店の前でR15のプロモーションを行なっていた

 店に入ると広い店内には端末を置いたテーブルが2つ設置されています。このあたりの雰囲気はアップルストアなどと同様で、端末をゆっくりと触れる広いスペースを提供しています。しかし、もっとも目立つのは店に入って正面の大きな空間です。ここには巨大な円形のソファーが2つ置かれています。ここでは自由に休憩していいとのことですが、お店のスペースの半分を安らぎの空間にしているあたりは「いつでも気軽に店に立ち寄ってほしい(そしてOPPOの製品を体験してほしい)」というメッセージを感じとれます。

394
店の正面を入ると左側に端末展示コーナーがある
394
店の正面は巨大な空間。大きいソファーで自由にくつろげる

 中国でOPPOはフラッグシップのRシリーズの下に、Aシリーズを展開しています。スマートフォンの取り扱いモデル数は5~6機種と、アップルよりは若干多め。とはいえ、スマートフォン以外の製品は展開していないことから、製品のバリエーションそのものはあまり多くありません。だからこそ繁華街に巨大な旗艦店を構え、すべての製品をじっくり触ってもらおうと考えているのでしょう。

394
製品数が少ないからこそ繁華街に旗艦店を構えている

 製品展示テーブルは2つありますが、片側はすべてR15を展示中。上位モデルのR15 Dream Mirror Edition(DME。グローバルではR15 Pro)と下位モデルのR15の2機種、それぞれ2色、3色のカラバリ全種類を展示しています。R15 Proはいずれ日本でも登場するかもしれません。19:9に伸びたディスプレーにAIカメラと、R11sよりパワーアップしています。

394
R15は上位モデルのR15 DMEが人気
394
グラデーションのかかった美しいレッドのボディー

 AシリーズはA57、A79など2桁型番の製品を展開していましたが、春からはA1、A3と新しいモデルも展開をはじめています。Rシリーズより下位ですがセルフィーカメラは健在。たとえばA79は6型2160x1080ドットディスプレー、CPUにHelio P23、そしてカメラは前後共に1600万画素。価格は1799元(約3万1300円)から。他社とOPPOの違いは低価格モデルでもフロントカメラを高画質にしている点なのです。

394
Aシリーズは低価格でもフロントカメラは高性能
394
背面仕上げも美しい

 さて端末以外にもアクセサリーや周辺機器も販売されていますが、自社製品はセルフィースティックや独自の高速充電技術「VOOC」対応の充電器、ケーブル程度。外付け360度カメラなど、他社製品を販売していますが、その数はあまり多くはありません。お店の魅力を高めるためには、サードパーティーの周辺機器をもっと増やすべきではないかなと感じました。

394
周辺機器・アクセサリの販売コーナー
394
サードパーティーの製品が多い

 また端末展示コーナーの奥には大きいテーブルがあり、ここも自由に使うことができます。電源があるので休憩がてら自分の端末の充電も行なえます。またお店で端末を買った時は、ここでデータの移行作業を行なったり端末の使い方を教えてもらうこともできます。取り扱う製品は多くない反面、こうして自由な空間を提供してお店に立ち寄りやすくしているのですね。

394
自由に使えるテーブルも用意
394
最新モデルのカットモデルも展示

 製品体験の場というよりも、上海の町中にある休憩所・オアシスのような場所であるOPPOのフラッグシップストア。上海旅行や出張の際はぜひ立ち寄ってみてください。

394
最新モデルもいち早く展示される。上海に行ったら立ち寄りたい

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking