2018年05月23日11時00分

約1年ぶりに復活 操作を簡素化したアイ・オーのUSBテレビチューナーユニット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
io
インジケーターなどを一切省いたシンプルデザインの「GV-MPV/AZ」

 アイ・オー・データ機器は5月23日、PC用外付けテレビチューナーの新モデル「GV-MPV/AZ」を発表した。6月下旬発売予定で、価格は1万4300円(税別)。

 GV-MPVシリーズはPC用テレビチューナーデバイス(カード型および外付け型)として2000年台前半から製品化されてきた製品。以降、シリーズを重ねてきたが、2017年3月で現存の製品が生産終了となり、製品がない状態となっている。

 新製品はWindows 10向けの外付けテレビチューナーユニットで、接続はUSB 2.0(本体側端子はmicroUSB)。地デジ/BS/CSデジタルの受信が可能で、チューナーはシングルとなる。

io
本体背面。miniB-CASスロットとアンテナ端子、microUSB端子しかない

 バスパワー駆動なのでACアダプターなどは不要だが、アンテナが付属していないため据え置き型用途を想定している。

 最大15倍の長時間記録が可能なハードウェアトランスコーダーを搭載。1~12Mbpsでのビットレートで保存できる。

io
テレビ視聴・録画ソフト「mAgicTV10」

 テレビ視聴・録画ソフトとして「mAgicTV10」が付属する。従来のバージョンからインターフェースを見直し、メニュー項目を簡素化することで使いやすくなっている。

io
起動時にこのようなメニューが表示されるなど操作がわかりやすくなった
io
しかし、設定は従来通りきめ細かく調整できる

 ただし機能自体は従来のものを踏襲しており、最大2倍の音声付早見再生や自動おまかせ録画、複数チューナー(従来のGV-MVP/Vシリーズをサポート)への対応、BDやDVDへの保存などが行なえる。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking