2018年05月23日07時00分

IoTデバイス開発など現場監督をサポートする『建設現場支援センター』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク、今回は、建設現場における現場監督を支援する『建設現場支援センター』だ。

 プレゼンしてくれたのは、TACK&Co.の鈴木孝典代表取締役。同社の事業説明は動画をご覧ください。


 動画で説明していた『建設現場支援センター』は、建設現場における現場監督を支援する製品サービスを開発、提供するというもの。鉄骨製作図チェック受託や、CADが苦手でも感覚的に扱える建設現場向けソフトウェア「​Bluebeam」の販売、コンサルティング、IoTデバイス開発などを手がけている。

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking