2018年05月16日11時00分

電源のいらないHDMI-USB変換アダプタ―、アイ・オーから登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
アイオー
「GV-HUVC」

 アイ・オー・データ機器は16日、HDMIをUSB変換するビデオ入力アダプター「GV-HUVC」を発表した。6月中旬発売予定で、税抜希望小売価格は2万400円。

 カメラやゲーム機などのHDMI出力を本アダプターを介して、PCのUSB 3.0端子(USB Type-CまたはUSB Type-A)に入力できる。

 映像は1920×1080/60pまでに対応し、HDCPやCEC、HDR、3D信号には対応していない。

アイオー
アイオー
左が入力側(HDMI)で右が出力側(USB Type-C)の端子
アイオー
Macbookでも動作する

 PCからはUSB Video Class対応デバイスとして認識され、ドライバーのインストールをすることなくカメラデバイスとして登録される。Windows(10/8.1/7 SP1、すべて64bit)だけでなく、最新のMac(10.13以降)での利用も可能だ。

 また、バスパワーで動作するため、電源も不要。アダプター側の端子はUSB Type-Cだが、PCと接続するケーブルは、Type-C-Type-CとType-C-Type-Aの2本が付属し、Type-Aの端子にも接続できる。

 GV-HUVCを使うことでゲーム配信やライブ配信などが可能。特にライブ配信は「OBS Studio」や「Xspilit Broadcaster」といった配信ソフトでの動作確認も行なっており、カメラを撮影機として使うことでウェブカメラやスマホのカメラよりも高画質で配信できる。

 さらに、本製品は複数台を1台のPCにつなぐことが可能で、カメラの映像を表示中に別のカメラなどの映像をピクチャー・イン・ピクチャーで同時表示できる。ゲーム実況でゲーム画面をメインにし、自分のプレイ風景をサブとして表示できたりする。

 最低動作環境は、デスクトップがIntel Core i5-4440、メモリーは4GB、グラフィックスはIntel HD Graphics 4000またはNVIDIA Geforce GTX 660、ノートPCがIntel Core i7-4810MQ、メモリーは4GB、グラフィックスはIntel HD Graphics 4000またはNVIDIA Geforce GTX 870Mとなる(いずれもGPUエンコード必須)。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking