2018年05月12日15時00分

5万円前後の4Kテレビが発売ラッシュ! でも4K BS/CS放送は楽しめる?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

4K BS/CS放送は視聴できるがHDMI端子の数など制約がある

機器展
ピクセラが開発中の4K放送チューナー。Android搭載でスマートテレビ化できる。秋ごろに発売予定

 気になるのは、これらのテレビで12月1日から開始される4KのBS/CS放送を視聴できるかという点。

 単体で視聴するのは無理だが今後発売される外付けチューナーを組み合わせれば理屈上は視聴できるようになる。

toshiba
東芝も外付けの4Kチューナーを秋に発売予定だ

 ただし、HDMI入力端子とHDRについては注意が必要だ。

 基本的に格安4KテレビでもHDMI入力は複数系統用意されるが、そのすべてで4K解像度の入力ができるわけではなさそうだ。

ハイセンス
HDMI端子が複数系統あっても、4Kで入力できるのは1系統のみ、という場合もある

 4K対応の入力が1つしかない機種もあり、その場合は4Kチューナーを接続してしまうとほかの機器はフルHD解像度での表示となる。4K解像度で放送を見たいし、ゲームもやりたい、UHD BDも見たいという人は4K放送対応のHDMIセレクターが必要になるだろう。

ラトック、HDMI光ファイバー、切替器
ラトックシステム「REX-HDSW41-4K」は4K/60p、HDCP 2.2に対応するHDMIセレクター。4入力1出力が可能でHDR 10にも対応する。実売価格は4万円前後

 そして、HDR対応をうたう格安4Kテレビも多いが、そのほとんどは「HDR 10」のみの対応となる。4K放送で採用されている「HLG」方式の入力に対応していなければ、HDRでは受けられない。

 もっとも、HDRにこだわるのであれば、それなりに高級な液晶テレビ(バックライトのエリア駆動ができる機種)または有機ELテレビを買わないと画質面での恩恵は得られにくい。いくらダイナミックレンジの広い信号が入力されていても、それを表現できるパネル性能がなければあまり意味がないからだ。

 ちなみに、最新の大手家電メーカー製テレビであれば、ほとんどのHDMI入力は4K対応だし、HLGでのHDR入力にも対応している。

 サッカーW杯に向けて、さらに格安4Kテレビが登場することも予想されるが、4K対応のHDMI端子の数には注意を払った方がいいだろう。

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking