2018年05月10日19時40分

iPhone XとコントローラーでバーチャルYouTuberになれるキット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
v

 ワンダーリーグは5月10日、バーチャルYouTuber配信者に向けた撮影ソリューション「バーチャル・ユーチューバー操作システム」を発表。価格は開発キットが4万8000円で、フルセットが24万6000円。6月から同社のウェブサイトで販売する。

 バーチャル・ユーチューバー操作システムはワンダーリーグ独自のAR/VRコントローラー開発プラットフォーム「VROOM(ヴルーム)」を利用している。VROOM対応のBluetoothコントローラーを両腕の肘と手首に計4機装着することで両腕のモーションをコントロール。また、両手に1機ずつ持つことで表情や手の握り、演出や背景切り替えといった表現ができるという。加えてiPhone Xの顔認識カメラ機能を使って顔の向きや表情をトラッキングできるようになっている。利用のための開発はunityでできるとのこと。

 有償カスタマイズでは、持ち込み3Dモデルへのモーション設定や、ジョイスティック/ボタンへの拡張機能設定ができるという。

 今後同社は、個人でも手軽にアプリ上で3Dモデルを組み合わせて作れる「3Dアバター生成システム」を用意し、スマホで操作・撮影して配信できるトータル環境の実現に向けて取り組んでいくとのこと。

 パッケージメニューは以下のとおり。

バーチャル・ユーチューバー 操作システム開発キット
専用VROOM SDK 1個
ヴルームコントローラー6本(エレコム製)
固定ベルト4本

バーチャル・ユーチューバー 操作システムフルセット
両腕動作モーション設定済みアプリ(unityプロジェクトデータ一式)
専用VROOM SDK 1個
ヴルームコントローラー6機(エレコム製)
固定ベルト4本

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking