2018年05月09日18時00分

ナベコのグルメログ:「プリミティヴァ」という珍しいビールを飲みました

これがビール!? 瓶内熟成でワインの味がする超希少ビール

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ワイン
ごきげんよう、アスキーナベコです。写真は、東京スカイツリーでGW中開催した鵜飼釣りイベントにて。岐阜県関市の「小瀬鵜飼」が初めて東京で実演するという珍しい体験でした。鵜飼釣り装束のうまえもん。余談ですが私、うまえもんと誕生日が一緒です。

 ヒパヒパ! アスキーのグルメ担当ナベコです。この記事では毎日たくさん飲み食いしているアスキーのモグ担(兼グビ担)ナベコが、実際に食べたもの、飲んだものを晒していきます。グビグビ要素強め。

 みなさま、GWはいかがお過ごしでしたでしょうか? ゆっくり休めたでしょうか? 休んだぶんだけ反動は大きいもの。数日間リハビリのように過ごしつつ、お勤めがんばりましょう。お酒を飲めば本調子。

ワイン
イタリアのクラフトビール「プリミティヴァ」。

 GW中、珍しいビールを飲みました。写真は、イタリアンのクラフトビール「プリミティヴァ」。麦芽とホップとブドウをつかって醸造したそうです。日本ではほぼ出回っておらず、ただいま公開中のMakuakeのクラウドファンディングプロジェクトでは2本(1本500ml)4000円という価格で販売しています。

ワイン
ワインのブドウを使用した、イタリアーンなビール。

 一般的なビールの原材料は、麦芽とホップなので、ブドウを使用するのは珍しいです。ブドウの品種はビールの名前と同じ「プリミティヴォ」。ワインの原材料に使用するブドウです。このようにワインのブドウでビールを作ることはイタリアでもチャレンジングで、2年前に初めてプリミティヴォが成功したそうです。

 おもしろい点は、ビールを瓶詰め後、瓶内熟成が進むこと。通常のビールはブルワリーで飲むのが一番新鮮でおいしいのだそうですが、このビールは輸送中に熟成されてどんどんキメの細かさやコクが増すそうです。

 説明が長くなりましたが、ワインのブドウで作ったビールの味はいったい? 気になりますよね。私は、Makuakeプロジェクトのサンプルを提供いただけましたので、試飲することができました。

 口に含んだ瞬間、スタウト(黒ビール)のような重みあるビールの味が舌に触れました。飲んでみると、渋さと共に麦芽のうまみ、ホップの香りとカシスの華やかさがなめらなかに入って来ました。

 ビール。であることは間違いない。けど、ビールじゃない! いったいなんなのだろう、と首をかしげてしまいました。

 つまりですね、ビールとワインの間にあって、少しビールよりな、ビールなのです。渋みが深いビールに赤ワインの香りが足されたという感覚で、味が複雑で繊細。わかりづらいと思いますが、ひと言で味を表現できない、他にはないビールなのです。

 ビール同様、味が濃い食事に合いますし、赤ワイン同様に肉料理とも相性がよさそうです。とても独特なビールなので、ツウ向けです。ビールをマスターしたい人はぜひ試してみてください。


 アスキーの会員サービス「ASCII倶楽部」の「ナベコの公開処刑ダイエット」を連載中! 体重まで公開しちゃっていますよ。

■関連サイト
ナベコの公開処刑ダイエット

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking