2018年04月27日15時30分

Chromeが最新版でVR対応を大幅拡大

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
g

 グーグルがウェブブラウザー「Chrome」の最新版において、「WebVR」の対応をした。これまで対応するVRプラットフォームはグーグルの「Daydream」のみだったが、新たにOculus Rift、 HTC Vive、Windows Mixed Realityヘッドセットを追加し、主要なプラットフォームへ対応している。

 WebVRはブラウザー上でVR体験を可能にするAPIで、Mozillaが中心に開発を進めている。

 今回の対応で、Windows10を採用したPCを使うVRユーザーは、ChromeブラウザーでWebVRを使えるようになった。アドレスバーに「chrome://flags」と入力することで設定も可能。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking