2018年04月26日11時00分

知らなきゃ損する!True 4K出力可能な「Xbox One X」が最強な理由

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 もうすぐGW。今年は祝日が土曜にかかっていることもあり、例年より若干連休期間が短いが、リフレッシュするべく旅行する人も多いはず。しかし、GWの人混みはハンパない。むしろこういう時期ほど家でゆっくりして身体を休めつつ、ゲームをプレイしたり映画を観たりして気分をリフレッシュするのもいいのでは?

 そして、どうせなら映画は高解像度の4K Ultra HD(UHD)で、従来のSDRよりも広い明暗の幅(ダイナミックレンジ)を表現できるHDRに対応したUltra HD Blu-ray(UHD BD)の美しい映像を楽しんだり、ゲームも同様に4K、HDRの美しい映像でプレイしたい。そんな人にオススメなのがコンシューマーゲーム機としては現在最高のスペックと機能を誇る、マイクロソフトの最新ゲーム機「Xbox One X」だ。Amazonでの価格は5万3000円。

XboxOneX
「Xbox One X」は性能を大幅にアップしたモデル。ACアダプターもなく、すっきりしたボディーになった
「Xbox One X」の主なスペック
CPUカスタム AMD CPU(8コア、2.3GHz)
演算ユニット数40基
GPU演算性能6.0TFLOPS
GPU動作クロック1172MHz
メモリー12GB(GDDR5)
メモリーバス帯域幅326GB/s
内蔵フラッシュメモリー8GB
内蔵ストレージ1TB HDD
インターフェースHDMI2.0b出力(FreeSync対応)、HDMI1.4b入力、USB3.0 Type-A×3、光デジタルサウンド出力(S/PDIF)、IRレシーバー用ポート
サイズ/重量299.97(W)×239.77(D)×59.94(H)mm/3.81kg

 Xbox One Xは心臓部に「Scorpio エンジン」と呼ばれる6 TFLOPSを発揮するプロセッサーを搭載。動作クロックは2.3GHzで、326GB/sのメモリ―バス帯域幅を持った12GBのDDR5メモリー、8GBの内蔵フラッシュメモリー、1TBのHDDを備える。そして、4K UHD(3840×2160ドット)出力やHDR10にも対応しており、ネイティブ4Kのゲームが楽しめるのが特徴だ。

XboxOneX
背面には各種端子が並ぶ。HDMI端子は入出力を備え、有線LANはもちろんギガビットイーサー。Wi-Fiも備え802.11acに対応する

 また、1本購入するだけでPCとXbox One Xどちらでもプレイ可能な「Xbox Play Anywhere」対応タイトルなら、PCとXbox One X両方で同時に起動することができるため、PCとXbox One Xに分かれて2人同時にプレイすることもできるのもPS4にはないうれしい機能だ。

XboxOneX
「Xbox Play Anywhere」には、後述で紹介する車のリアリティーのある動きに定評のあるマイクロソフトの人気のレースゲーム「Forza Motorsport 7」のほか、カプコンの人気タイトル「バイオハザード7 レジデント イービル」など、多数のタイトルが対応している

光学ドライブがUHD BD対応で映像再生機としても優秀

 加えて、PS4 Proは光学ドライブがブルーレイの再生のみのところ、Xbox One XはUltra HD Blu-ray(UHD BD)再生に対応する。UHD BDの再生には制約が厳しく、たとえば自作PCで必要環境をそろえるとなると大変だ。対応したパイオニアの光学ドライブに、サイバーリンク社の対応ソフトが必要なうえ、マザーボードの出力が高ダイナミックレンジの伝送が可能なHDMI2.0aに対応しているかなどハードルが高い。

 NECのAVノートやiiyama PCのUHD BD対応デスクトップPCなど、メーカーが動作保証をしているPCもあるが、まだまだ数が少ないうえに10万円以上するのでUHD BDを楽しむだけだとコスパが悪い。また、UHD BDの再生に対応するレコーダーは3~4万円台と低価格なモデルも登場しているが、4K、HDRの美麗な映像でゲームもプレイできると考えると、5万円台前半のXbox One Xはかなりお買い得だ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking