2018年04月24日10時00分

ソニーがワイヤレススピーカー新製品を投入 スピーカーを叩くと音が鳴る

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
スピーカー
「SRS-HG10」。カラーは5色を用意

 ソニーは4月24日、ミドル~エントリークラスのワイヤレススピーカーのラインナップを刷新し、4つの新製品を5月12日に発売すると発表した。

スピーカーユニットから刷新
高音質化した「h.ear go 2」

 「h.ear go 2」ブランドで発売される「SRS-HG10」(予想実売価格2万7000円前後)は、ハイレゾ音源対応(有線接続時)のミドルクラススピーカー。

スピーカー
フロントグリルは取り外しが可能。中央にパッシブラジェータを搭載
スピーカー
スピーカー
新開発のスピーカーユニット。センターキャップと呼ばれるスピーカー中央の部分が内部にあるボイスコイルに接着されている

 新モデルは新開発したスピーカーユニット(フルレンジ 35mm)を採用。ボイスコイルの直径を拡大するとともに、センターキャップをボイスコイルに接着することで、音の量感や厚みがアップし、中高域がクリアになっている。

 また、電気回路(コンデンサーなど)に同社のウォークマン上位機種のパーツを採用。さらに外装と内部の金属シャシーを底面でビス止めし、さらにビスは不要な共鳴を防ぐためあえてゴム足の中央からずらして固定している。

 これらにより、クリアで広がりのある音を実現している。

 ワイヤレススピーカーなおでBluetooth(LDAC/AAC/SBC)に対応するほか、無線LANにも対応。SpotifyやGoogle Play Music、AWAなどの音楽配信/ラジオサービスを直接受信できるほか、Chrome cast built inに対応しており、スマートスピーカーなどとの連携も可能だ。

記事掲載当初、ビスがビズと表記されていました。お詫びして訂正いたします(2018年4月24日)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking