2018年04月19日10時00分

The Wonderful Experience! 国内機能てんこ盛りの 「Xperia acro」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
acro

 2011年3月に登場した「Xperia arc(SO-01C)」から4ヵ月後、「赤外線通信」「おサイフケータイ」「ワンセグ」という当時国内のフィーチャーフォンでは当たり前だった機能を盛り込んだ「Xperia acro(SO-02C)」が発売されました。

 発売タイミングの短さからもわかるとおり、「Xperia arc」をベースに、赤外線などを搭載したモデルです。機能が追加されたことで、「Xperia arc」独特の背面が弧を描くデザインではなく、背面はフラットになり、厚みが増し、重量が約17gほど増加しました。

acro
ディスプレーサイズは、4.2型(480×854)のフルワイドVGA Reality Display

 液晶ディスプレーと強化ガラス間の空気層をなくし、光の乱反射と拡散を低減する「ClearBlackPanel」(クリアブラックパネル)を採用し、外光下でも見やすいディスプレーとされ、ディスプレーをOFFにすると一枚の黒い板のように見えました。そのほか、高コントラスト、高輝度、高精細な映像表現を目指した「Reality Display」や、コントラスト向上技術と輪郭強調技術を組み合わせた「モバイルブラビアエンジン」を搭載しています。

 また、ワンセグ視聴を備えたことで、よりエンターテイメント機としての完成度は高まったと言えます。

 スペックは、CPUがSnapdragon MSM8255、メモリー512MB、内蔵ストレージ1GB。通信方式は送信時最大5.7Mbps、受信時最大14MbpsのFOMAハイスピードに対応しているほか、Wi-Fi(IEEE802.11g/b/n)、Bluetooth 2.1+EDRを搭載。OSは、Android 2.3。本体サイズは約63×127×11.8mmで、重さは135g。

 かざしてお買い物ができる「おサイフケータイ」や、アドレス交換や写真などのデータ交換ができる「赤外線通信」は、フィーチャーフォンからAndroid端末へ初めて乗り換えを検討しているユーザーにとっては重要なポイントでした。

acro

 リアカメラは810万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”、F2.4の明るいレンズを備え、手ブレ補正やノイズを抑えます。人の顔を自然にキレイに撮る「顔認識エンジン」や、自動でフォーカスをあわせ続ける「コンティニュアスオートフォーカス」といった、充実した撮影機能を備えていました。また、HD(720×1280ドット)画質で、フレームレート30fpsの動画も撮影可能です。

acro
acro

 端末のネーミングについては、「Xperia arc」は本体デザインをあらわす”弧”というイメージでしたが、「Xperia acro」はギリシャ語の“最高の、最上の”を意味する「akros」から来ており、フラッグシップのスマートフォンという意味が込められていたそうです。

acro
acro

 また、「Xperia acro」は、ドコモとauの2キャリアから発売され、カラーバリエーションはBlackとWhiteは共通でありながら、それぞれにドコモではAqua、auではRubyという専用カラーが用意されていました。このAquaとRubyについては光沢のあるメタリックな塗装で、特に背面にはグラデーションがかけられており、黒と白が中心のスマホの中では特に目を引くカラーでした。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking