2018年04月19日10時00分

巨大バッテリー内蔵で2日使える世界対応ルーターは日本にも対応

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
390
fonebudのグローバルルーター

 日本を含む世界各国均一料金で使えるグローバル対応のモバイルルーターが少しずつ増えています。eSIMなどを内蔵し、SIMの差し替えも不要。電源を入れるだけで現地の電波を拾い、リーズナブルな料金でデータ通信が利用できます。

 マレーシアのfonebudはこの夏にグローバルルーター「fonebud W」を発売します。世界約90ヵ国で4Gのデータ通信が可能。もちろん日本も対象国に入っているので、訪日客にも便利な製品です。技適も通す予定とのことなので、今後は日本でいざというときに1日単位で使う、といったこともできるでしょう。

390
マレーシア発のグローバルルーター「fonebud W」

 製品の特長はそのサイズ。海外旅行に持ち出すルーターですから、小型のほうが使いやすいと思うでしょう。ところが小さいサイズや薄型のものはバッテリーを大きくできません。fonebud Wは本体サイズが6型クラスのスマートフォンと変わらず、厚みも約2㎝とかなり大型。しかし10000mAhものバッテリーを内蔵しているので、1日中外出していても電池切れの心配がありません。連続使用時間は36時間とのことで、夜はホテルで電源オフにすれば2日間は使えるでしょう。

390
本体は大きく内蔵バッテリーも10000mAhと大容量

 本体の片面にはディスプレーを搭載。電波状態、電池残量、SSIDなどが表示されます。また使用中はデータ利用分の残量も表示されるとのこと。

390
ディスプレーには必要情報を表示

 これだけ大きいバッテリーをルーターだけに使うのはもったいないです。USB端子を1つ備え、モバイルバッテリーとしても利用可能なのです。USB端子はもう1つほしいところですが、それは今後の後継機に期待したいところ。

390
側面のUSB端子からスマートフォンなどを充電可能

 そしてこの大きさを活かして、本体の片面にはワイヤレス充電台を備えているのです。USBケーブルを忘れても、スマートフォンを置くだけで充電できます。実際海外滞在中に、ホテルにケーブルを置いてきてしまったり、外で紛失してしまうことはよくあります。ワイヤレス充電ができればケーブルが無くてもどこでも充電できます。これは結構便利かも。

390
本体の片面はワイヤレス充電パッドになっている

 マレーシア発という珍しいグローバルルーターですが、同国といえばLCCのエアアジアの本拠地。東南アジアの消費者もいまや海外旅行や出張は日常的なこと。CEOのSunny Koay氏は「日本でも販売したい」と意気込みを語ってくれました。

390
同社は香港のトレードショーに出展。fonebudのSunny Koay CEOは日本でも発売したいとコメントしてくれた

 気になる料金は本体が149ドルで、これに日本を含むアジアを中心とした17ヵ国で16GBの無料データが付いてきます(4GB×4ヵ月)。料金を考えるとこのまま使い捨てしてもいいくらい。そして各国の通信料金は、日本を含むアジア17ヵ国が90日4GBで25ドルなど。他にも1日から数日単位での各国プランもあります。充電環境の悪いエリアへ行くときなどに威力を発揮できる、1台2役をこなすグローバルルーター。日本発売をぜひ期待したいものですね。

390
日本での正式発売が待ち遠しい!

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking