2018年04月10日12時00分

「CAT S41」はタフなだけでなくカメラの実力はどうなのかをチェック!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
4回目
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン「CAT S41」

 質実剛健な「CAT S41」レビュー4回目。スマホなのでもちろんカメラが搭載されている。CAT S41のカメラの実力はどうだろうか。最近のスマホはカメラ機能が主戦場になりつつあるが、CAT S41では可も無く不可もなく、記録できることを第1としているようだ。アウトカメラは13MP(F2.2)、インカメラは8MP(F2)となっており、下記サンプルのようにごくごく無難な描写になる傾向が強い。

4回目
アウトカメラに出っ張りはない

 純正カメラアプリはタップフォーカスはあるものの、露出補正がなく、設定周りもシンプルだ。自動的にシーンを判断する機能があり、初期状態ではオンになっている。ただ、この機能は状況を問わず、夜間撮影モードになることが多く、設定から無効化しておくか、任意で用意されたモードを選んだほうがいい。

※作例はすべて実寸サイズです。データ通信量にご注意ください。

4回目
モードはAutoとPIP、パノラマの3つ。PIPはアウトカメラを使用しつつ、インカメラの画像も同時に記録できるものだ
4回目
カメラの設定はそれなりに細かい。画像プロパティである程度の出力補正も実行できる
4回目
撮影モードの一覧。縦向きと横向きなる項目が謎なのだがアイコンからすると、ポートレートモードと風景モードと思われる
4回目
基本画面。HDRをオフにしているときに撮影モードを切り換えられる
4回目
日中の撮影についての描写良好ただ、端がやや解像しない
4回目
お散歩用としては十分な性能だ
4回目
撮影モードを夕焼けにしてみたテスト。少し色は浅いが雰囲気はある
4回目
光学手ぶれ補正は搭載していないため、夜間については手ぶれしやすく、またノイズも多い
4回目
4回目
ご飯写真については、撮影モードを切り換えて、暖色系の雰囲気にできるときはいいのだが、なかなか上手くいかないので、サードパーティー製アプリを活用したほうがいいだろう
4回目
PIP。出番があるのかちょっと怪しい
 CAT S41
価格オープン(税抜約6万5000円)
ディスプレー5型IPS液晶
画面解像度1080×1920ドット
サイズ75×152×12.95mm
重量220g
CPUMediaTek MTK6757
(オクタコア)
内蔵メモリー3GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリーmicroSDHC(最大128GB)
OSAndroid 7.0
対応バンドLTE:1/3/8/9/19/28/41
W-CDMA:1/8/9/19、4バンドGSM
無線LANIEEE802.11n(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数リア:13メガ/イン:8メガ
バッテリー容量5000mAh
防水/防塵○/○(IP68)
SIM形状nanoSIM×2
USB端子microUSB
カラバリブラック

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking