2018年04月04日10時00分

フランス・パリのキャリアショップではケータイも人気!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「HUAWEI P20」の発表会が行なわれたパリ。フランスには4つのキャリアがありますが、せっかくなので最大手であるOrangeのフラッグシップストアに立ち寄ってみました。

387
オペラ・ガルニエ付近のOrangeフラッグシップストア

 店内には各メーカーの最新モデルがずらりと並びます。「HUAWEI P20」シリーズも前日の発表会を受け、さっそくHUAWEI P20が販売中。HUAWEI P20 Proは予約受付をしていましたが、どちらのモデルもウワサを聞き付けた来訪客の注目を浴びていました。

 またサムスン電子は大きなコーナーにGalaxy S9、Galaxy S9+、Galaxy Note8を展示。店内ではちょうどGalaxy S9を買っているお客さんがいましたが、「HUAWEI P20はどう?」とファーウェイの製品も気になるようです。

387
店内の一番目立つ位置に展示されていたHUAWEI P20 Pro/P20
387
Galaxyシリーズは一定の人気あり。展示コーナーも広かった

 ヨーロッパということもあり、ノキアのスマートフォンも各種展示されていましたが、目立つように陳列されていたのが昨年のリバイバルモデルである「Nokia 3310」。スタッフに聞くと通話用として2台目に買うお客さんも多いそうです。当初は2G版が登場し、あとから3G版が発売されましたが、フランスでは現在3G版のみが売られているのこと。

387
派手なディスプレーがされているNokia 3310

 意外なことに通話専用のフィーチャーフォンが今でも販売されています。いずれも3G対応で、Orangeの店では一部のプリペイド携帯電話以外は3G端末を取り扱っているとのこと。日本にも進出したWikoの「Riff 3G」や、Orangeが自社ブランドで販売するIP67の防水対応「HAPI50」などはちょっと気になる存在です。

387
Wikoも3Gフィーチャーフォンを販売
387
OrangeのHAPI 50は防水ケータイ

 フランスはBlackberryも販売されていますが、QWERTYキーボード端末は注意が必要ですね。フランスのAZERTY配列になっているからです。もしBlackberryの掘り出し物を見つけても、フランスで買うのは避けたほうが良いでしょう。

387
BlackBerry KEYoneはフランスでも販売中
387
ただしキーボードはAZERTY配列

 さてこのお店にはちょっと面白い製品が売られていました。「Fairphone 2」です。今はもう忘れ去られてしまったモジュラー式スマートフォン、グーグルのProject Araを実現した製品です。カメラモジュールなどを交換してあとからアップグレードが可能なスマートフォンでした。発売は2015年末ともう3年前のものですが、まだ売られていたのです。現在もパーツが売られていますが、スペックを考えるとすでに非力。こんな製品もあったんだなあと、コレクション用途に買うのはいいのかもしれません。

387
モジュラー式スマートフォンの「Fairphone 2」

 最後に紹介するのはプリペイドで販売されているモバイルルーター。ヨーロッパ(EU)はローミング料金が撤廃されたので、どこの国でプリペイドSIMを買っても、ヨーロッパ内共通で利用可能です。そのためOrangeが売るモバイルルーターも「2GBヨーロッパ料金込み」と、ヨーロッパ各国で使えることを売りにしています。トップアップも簡単と、ここで買って各国で使えることをアピール。

 キャリアによって料金が異なるのでどこで買うかは事前に調べておいたほうがいいのですが、各国を周遊するときはどこかの国で買っておけばそのまま使えるようになったのは便利です。

387
ヨーロッパのプリペイドSIMは使いやすくなった

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking