2018年03月29日18時00分

ナベコのグルメログ:セブンの冷凍すみれチャーハン食べてみた

チャーハン「パラリ」vs「しっとり」あなたはどっち派?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
マヨ
ごきげんよう、アスキーナベコです。ステーキを食べました。~週末は 無敵ステーキ 粋な時(5・7・5字余り)~

 ヒパヒパ! アスキーのグルメ担当ナベコです。この記事では毎日たくさん飲み食いしているアスキーのモグ担(兼グビ担)ナベコが、実際に食べたもの、飲んだものを晒していきます。グビグビ要素強め。

すみれチャーハン
「セブンプレミアム すみれチャーハン」267円

 この前、セブン-イレブンで買った「セブンプレミアム すみれチャーハン」を食べました。1人前、267円。北海道の味噌ラーメンの名店「すみれ」のチャーハンを冷凍食品で再現したとか。

すみれチャーハン
量が300gと多いので、半分にわけて食べました。

 結論から言うとめっちゃうまいんですよね。

 お米がひと粒ずつモチモチしていて、玉子は機械的ではなく自然な炒り具合、ラードの香ばしい香りとゴロゴロしたチャーシュー。冷凍食品とは思えない、手作りのような出来上がりでした。

 実は、私はレンジではなくフライパンで炒めて解凍したので(パッケージの説明では、正規の解凍方法はレンジのみ)より香りが立ったのかもしれません。それにしても最近の冷凍食品はレベルが高い。かつては、冷凍食品の炒飯は「炒める」工程をやっていないものが主流で、チャーハン風の味付けのご飯だったそうですが、最近は炒めてから冷凍食品に仕立てているそうなので、質感が断然上がっています。

 さて、冷凍食品の技術の話はおいておいて、ふと気になったのが「すみれ」のチャーハンの触れこみ。

 「すみれの味噌ラーメンの特徴でもあるラードを使用し、炊き立ての米を高温で炒めた、コクの感じられるしっとりチャーハン」なのだそうです。

 「しっとり」なんですよ。

 お店のチャーハンと言えば「パラリ」。そういう印象を持っている人も多いと思いますが、実はチャーハンは「パラリ系」と「しっとり系」に大別されます。

 パラリ系のチャーハンが人気なのかと思いきや、ネットを見るとしっとり系のファンはとても多いようです。私もどちらかというとしっとり系のチャーハンのほうが馴染みがあってしっくりきます。

 少し調べたところ、しっとり系のポイントは「ラード」のようです。ご飯にしっかりとラードを絡ませることで、水分が抜けないしっとりした仕上がりになるそう。まさに、すみれのチャーハンの調理法ですね。

 しっとり、と言っても、べっちゃりとは異なります。お米のまわりを脂がコーティングすることでおいしさを閉じ込めているのが魅力。

 あなたはパラリ系としっとり系、どちらがお好きでしょうか。お気に入りのチャーハンがどちらか、考えながら食べてみると楽しいですよ。


 アスキーの会員サービス「ASCII倶楽部」の「ナベコの公開処刑ダイエット」を連載中! 体重まで公開しちゃっていますよ。

■関連サイト
ナベコの公開処刑ダイエット

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking