2018年03月27日10時00分

深セン地下鉄の「キャッシュレス乗車」化が一歩前進

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 日本のメディアでは深センに行けばなんでもある、何でも作れるといった内容をしばしば見かける深センブーム。iPhoneのコピーケータイを数日で作っちゃう深センの怪しいメーカーを昔から見ている筆者は、深センも今更ながらまともな目で見られるようになったんだなと感慨深いものがあります。でも、深センのモノづくりの歴史はもう10年以上も前からのものなのです。

386
昔の面影がまったくないほど表面はきれいになった深セン電脳街

なんでもかんでもキャッシュレスかと思いきや……

 さて、中国と言えば今や誰もがQRコードを使ったキャッシュレス決済を利用しています。スマートフォンアプリ(アリペイ、またはウィーチャット)を起動してからQRコードを読めば、あらかじめチャージしていた金額から代金が引き落とされます。日本ではガラケー時代から使われていたQRコードが、スマートフォン全盛でまもなく5Gが始まろうとしている時代に中国で主流になるとは誰が想像したでしょうか?

 そんなわけで、深センのパーツビルやアクセサリービルに行ってみると、どの店も店頭にQRコードを張り付けています。店側としてはレジも不要、QRコードだけあればすべて済むので非常にラクということですね。深センに行くときは少なくとも「WeChatPay」のアカウントを作っておくことをオススメします。方法は各自調べてください。

386
これは街中の自販機。これもQRコード支払いに対応

 そんな深センでも現金が必要なところがありました。地下鉄とバスの乗車です。正確にはどちらもICカードの「深セン通」を持っていればスイカのようにキャッシュレス&非接触で改札口を通れます。とはいえ頻繁に行くわけでもない深センのためにICカードを買うのももったいない……。

 ところが今や深セン地下鉄は、切符の自動販売機での支払い時にもQRコード決済が使えるようになりました。WeChatPay、AliPayどちらかを持っていれば現金不要で切符(トークン)が購入できるわけです。

 とはいえ、やるなら先進国のように非接触ICカードを使ったモバイル乗車券を普及させるべきでしょう。中国でも北京や上海ではIC交通カードのスマートフォンアプリがあり、スマートフォンのNFCを使って乗車できます。ところが筆者が見る限り、スマートフォンをかざして地下鉄に乗っている人はほとんど見かけません。

386
ICカードの「深セン通」の売り場。スマホアプリもあるが使っている人はめったに見かけない

 一方バスに取り付けられたNFCのリーダーが、QRコードリーダーに置き換わるという逆転現象も中国の武漢市などで起きているとのこと。地下鉄ほど大量の乗客のいないバスならQRコードでもなんとかなるということなのでしょう。筆者はラスベガスでQRコードを使ってバスに乗りましたが、反応するまで1秒以上など時間がかかりました。とはいえ乗ろうとしている客は数人。そしてそもそも現金支払い客の乗車に時間がかかるので、QRでも「早くなった」ということなのでしょう。

 深セン地下鉄の切符自動販売機ですが、使われている様子を見てみました。まず現金の自販機には人はまばら。人々はQRコード対応自販機に殺到していました。そもそも中国の切符の自動販売機は小銭すらはじいたりしますから、並ぶだけでストレスを感じます。

386
QRコード決済対応の切符の自動販売機。まだ各駅に1台しかない

現金以上ICカード未満のQRコード決済だが
みんなQRコードで満足している!?

 しかし、QR決済ならスムーズに切符が買えると思いきや、結局は現金で買う時と同じくらい時間がかかっています。まず目的の駅を選んで、決済方法を選択。QRコードが出てきたらスマートフォンアプリで読み取りなのですが、あらかじめ読み取り画面を出していても画面がロックモードに入ってしまったり、改めてアプリを立ち上げるなんてやっていると結構時間がかかってしまいます。それでも小銭のお札を何回通しても認識してくれない自販機よりははるかにマシで、確実に切符を買うことができます。

386
目的の駅を選択
386
QRコードで決済
386
トークンを取り出す

 中国のキャリアなどはNFC決済を進めたいところですが、結局は多くの国民がQRコードでいいんじゃないの? と思っている状況です。もっと便利になればそちらに移行するかもしれませんが、コストが上がることは確実ですからそれをどこまで許容するか。中国は1年ですべてが変わるほど動きの速い国ですから、今後の流れは注視したいところです。

 ちなみにICカードの深セン通も、WeChatPayなどからチャージできます。なのでICカードを一度買っておけば、それでキャッシュレス乗車は可能です。人民元の両替を忘れても、ひとまずWeChatPayやAliPayに残金があれば深センでは移動も買い物もなんとかなるのです。

386
深セン通もQRコードでスマホからチャージ可能

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking