2018年03月14日12時25分

デンソー、VR活用で街の魅力を発信 愛知県刈谷市と協定を締結

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
d3

 デンソーは3月6日、愛知県刈谷市と「まちづくりに関する包括連携協定」の締結を発表した。今回の協定は、デンソーの持つVRやICT技術を活用し、地域社会における様々な課題解決を目指して、両者で協力していくことを合意したもの。

 同社はVRと自動車を組み合わせたソリューション「VR-CAR」を開発しており、今後は刈谷市の観光イベントなどに活用。また、観光資源を紹介するVRコンテンツを製作し、映像と動きによる体験を来場者に提供するという。

 そのほかにも、市民向けの新たな情報配信手段として、スマートフォンを活用した市公式のポータルアプリの検討・開発するとしている。刈谷市在住の市民に加え、市内への通勤・通学者にも、市政情報や防災情報などをより効果的に伝達できるサービスを目指すとのこと。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking