2018年03月14日12時25分

パルコ、VRを活かした「未来の買い物体験」デモを開催

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
p3

 パルコは3月7日、「2020年の買い物体験」をテーマにしたVRショッピングコンテンツの開発を発表した。

 同社はこれをファッションや小売分野におけるVR技術の活用方法を開拓する試みとして位置付けており、米国で3月9日から17日まで開催の「サウス・バイ・サウスウエスト トレードショー(以下、SXSW)」に出展。また2018年5月には渋谷SR6「RUNWAY channel Lab. SHIBUYA」にてデモを実施する。

 2017年のSXSWでは「20年後の東京の売り場」をテーマに、洋服の背景に込められた物語を、売り場と連動したVR空間で可視化した。本年はより近い将来にフォーカスをあて、VRが可能にする新たな買い物の形を提案。2019年秋開業予定の新生渋谷PARCOにて、新たなショッピング体験を創造することを目指すとのこと。

p4

 同社が提供するのは、VRにより実際の空間では実現できない空間体験や、物理的制約のない買い物体験を可能とする「STYLY OS UMWELT(スタイリー オーエス アンヴェルト)」、MR(複合現実)を通して表現された空間の中でショッピングを行う「chloma OS UMWELT(クロマ オーエス アンヴェルト)」など。いずれも「テクノロジーを活用した新しいショッピング」という題材に取り組んでいる。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking