2018年03月13日14時40分

レノボが教育市場向けに5万円前後の2in1 Chromebookを投入

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
レノボ
「Lenovo 300e/500e」の試作機。英語キーボードだが、製品では日本語キーボードになるとのこと

 レノボ・ジャパンは3月13日、教育市場向けChromebook「Lenovo 300e/500e」を発表した。法人向けに5月から発売する。

レノボ
レノボ
これまで同社が投入してきた、教育市場向けPC

 同社は2017年から「Lenovo N24」や「Miix 320」といった製品を教育市場に投入。今年もLenovo 300e(Windows)を投入してきたが、今回はChrome OS搭載の低価格2in1ノートを投入する。

レノボ
300eの右側面。音声入出力とボリュームボタン、電源ボタンがある
レノボ
500eの右側面。USB 3.0やType-C端子などを搭載する
レノボ
300eの左側面。HDMI端子やUSB 3.0端子、SDメモリーカードスロットなどを搭載
レノボ
500eの左側面。microSDカードスロットやUSB 3.0端子、音声入出力などがある

 300e(想定価格4万8000円前後)はCPUにMediaTek MTK 8173Cを採用し、500e(同5万8000円前後)はCeleron N3450を搭載。さらに500eは300eよりインターフェースが多く、500万画素のリアカメラを搭載。電磁誘導ペンも内蔵する。

 それ以外の仕様は同等で、メモリーは4GB、ストレージは32GB(eMMC)、11.6インチのIPS液晶(1366×768ドット)を搭載する。

レノボ
500eには500万画素のカメラを内蔵
レノボ
500eは電磁誘導のペンも付属する

 本体は堅牢性を重視し、MIL-STD-810G準拠となっており、75cmの高さからの落下テストも実施。キーボードは防滴仕様となっている。

 YOGAフォームファクターを採用し、2in1ノートとして利用可能。モニターを360度回転させることでタブレットスタイルになる。

 また、NTTコミュニケーションズの教育クラウドプラットフォーム「まなびポケット」が利用できるようになっている。

レノボ
レノボ・ジャパンで教育市場を担当している渡辺守氏

 同社教育市場担当の渡辺守氏によれば、平成26年に政府が発表した第2期教育振興基本計画では、教育用コンピューターは1台あたり3.6人の生徒が使えることが目標となっていたが、現状では1台につき5.9人が使っている状態で、ひとり1台には程遠い現状がある。

 その理由は予算がないことや教職員のスキルが低いこと、メンテナンスの時間が取れないことなどで、この結果、教育現場がITCに対してネガティブになっていると指摘する。

 そこで、低価格なデバイスを提供することでコストの問題を解消するとともに、教育クラウドプラットフォームを活用することで、教職員のスキルや手間の問題を解消し、教育現場でのITC導入をスムーズにしたい考えだ。

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking