2018年03月09日16時00分

ヤフー、シェアサイクル事業に参入

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ヤフー、シェアサイクル
「HELLO CYCLING」のスマホ画面(左、中)、シェアサイクルの操作パネル(右)

 ヤフーは3月8日、子会社で新規事業開拓を行なうZコーポレーションがOpenStreetの第三者割当増資を引き受け、これによりヤフーグループはシェアサイクル事業へと参入すると発表した。

 OpenStreetはシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を2016年11月から提供を行なっており、HELLO CYCLINGを導入した自治体や事業者はGPSと通信機能を搭載したスマートロックと専用操作パネルを装着した自転車でシェアサイクルサービスを運用できる。2018年3月現在、HELLO CYCLINGを活用したシェアサイクルサービスは栃木県、埼玉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、兵庫県、香川県などのおよそ40地区で展開されており、およそ1000台の自転車が配備されている。

 今回の資本参加により、ヤフーグループはシェアサイクルという新たな領域へ参入、今後Yahoo! JAPAN IDやYahoo!ウォレット、Yahoo! MAPやYahoo!カーナビ、Yahoo!乗換案内といったヤフーの各サービスとの連携や顧客基盤の活用。HELLO CYCLINGの事業拡大を加速、利便性向上に取り組むとしている。

 また同時に、APAMANグループはシェアサイクルビジネスにHELLO CYCLINGの本格採用を発表。全国で1万台の自転車配備を目指して福岡県のエリアで5月からサービスを提供する予定。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking