2018年03月07日19時00分

リコー、AI・VR・THETAを使った360度画像のウェブ広告サービス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 リコーは3月6日、360度画像表示のインターネットバナー広告事業に参入すると発表した。この一環として、360度広告関連サービス「RICOH 360 for Ad」を提供開始する。

 画像の提供や広告効果測定などを実施するサービス。特許出願済みというリコー独自の360度画像向け注目領域アニメーション技術を使用。VRとAIを活用し、これまでに撮影された360度画像を学習させて、広告画像の注目箇所を自動で抽出するという。

 新サービスに関して、同社が広告運用業務を請け負う「運用プラン」と、バナータグを提供し広告主や代理店が運用する「タグ提供プラン」の2種類を用意。広告画像は全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影する。

 360度画像による広告に関して、同社は上下左右360度を表示でき、静止画のため動画よりファイルサイズを低容量に抑えられると説明。さらに「クリック率が高く訴求力のあるバナー広告の需要拡大が見込める」とするほか、クリック率を静止画の広告画像と比較して、同社の実績ではクリック率が1.5から2倍向上したとしている。

ricoh

ASCIIが贈るIoT/ハードウェアの一大展示会開催!
3/22『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』

 2018年3月22日(木)に東京・赤坂インターシティコンファレンスにて、IoT/ハードウェアの最先端スタートアップ・キーマンが集う体験展示+カンファレンス+ネットワーキングイベントを開催します。詳細記事はコチラから!

IoT&H/W BIZ DAY 5

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking