2018年03月07日09時00分

ディズニーの世界で学べるプログラミング学習教材

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ライフイズテックは3月6日、プログラミングやクリエイティビティーをオンラインで学べるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を発表した。ウォルト・ディズニー・ジャパンとライセンス契約をしており、ディズニーの世界を楽しみながら学習できる。サービス開始は4月21日からで、公式サイトで先行予約を受け付けている。

137

 「プログラミングは現代の魔法である」をテーマとして、魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、『アナと雪の女王』、『ベイマックス』、『アラジン』など13のディズニー作品を使ったレッスンを実施。ロールプレイングゲームのように物語を楽しみながらプログラミングを学べる。

137-9

 「JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shader」といったプログラミング言語を軸に、メディアアート、ゲーム制作、ウェブデザインと3つのコースを総合的に学習するクロスカテゴリ学習を採用。基礎編が40時間、応用編が60時間で、計100時間分の学習コンテンツを用意した。たとえば、週1回2時間の学習で約1年間、毎日学べば約2〜3ヵ月など自分のペースで進められる。

137

 物語を進めていくため地図や封筒などアイテムが入ったスタートキット「魔法の本」を連携させながら学習を進行。魔法の本には「謎」が仕掛けられており、それらを解くと物語が進む。さらに、メインレッスンをクリアすると自宅に届く、ディズニーキャラクターがデザインされているオリジナルポストカード(40枚以上)など、オンライン学習とアナログアイテムが融合した仕掛けが満載。

 

 対応OSはWindows 7/8.1/10以上、iOS 10.1以上。料金は13万8240円。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking