2018年02月16日13時30分

サイバーセキュリティー仮想マシンFortiGateがGCPで利用可能に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
フォーティネットFortiGate
「FortiGate VM」が提供する包括的なセキュリティー仮想アプライアンスは16を超えるソリューションに対応(日本未発売の製品も含まれる)

 フォーティネットは2月16日、サイバーセキュリティーを実現する「FortiGate VM」がGoogle Cloud Platform上で利用可能となったと発表した。

 FortiGate VMは動的なエンタープライズクラウドネットワークにマルチレイヤセキュリティーをオンデマンドで提供する仮想アプライアンス。一貫した自動セキュリティーポリシーに沿ったワークロードやアプリケーションをより安全にGoogle Public Cloudに移行できる。

 Google Cloud LauncherマーケットプレイスでBYOL(Bring Your Own License)として提供。セキュリティーオペレーティングシステムのFortiOSが統合されているため、物理環境、仮想環境、クラウド環境で広範囲におよぶセキュリティー制御のほか、ワークロードの可視化と管理を実現するという。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking