2018年02月13日06時30分

クルマがスマホ化する時代 ポルシェ ジャパン社長に聞く

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

EVポルシェはインテルMacだ!?

1625648

 EVの時代になっていくと、自動車の製造は大きな変革を迫られる。部品点数が減り、モーターやバッテリーなどの部品が共用化され、本格的な「コモデティー化」の時代がやってくる。スマホになって携帯電話から個性が失われたように、自動車も「違うのはボディーとブランドだけ」になる可能性がある……と指摘されることは多い。そこにポルシェはどう対応して行くのだろうか。

 「独自のものを作ればいいのですが、そうすると非常にコストが高くなります。ブランドとして我々がどうすべきか、を決めなければいけません。非常に危ないのは、その際にポルシェのアイデンティティーが崩れることです。本当は、コストの積み上げで製品を作ってはいけないのですが、そうせざるを得ない時が来るかもしれません。自動車メーカーとして重要なのは、セールスとマーケティングと最終クオリティーのコントロールです。しかしポルシェはそれ以外の部分に注力します。結果コストは上がる可能性がありますが、我々にはそれを正当化するだけの自信があります。車に自信があるからです」

 そのための技術開発ももちろん行なっている。車のためのソフトウェア、というと自動運転や車内エンタテインメントなどが思い浮かぶが、ポルシェはあくまで「走り」にこだわり、走行制御などのソフト開発に注力してきた。操縦性・走行性で差別化することは、ポルシェの「スポーツドライビング」へのこだわりそのものである。

 そうした時、「ポルシェがEVなんか作って」という声は小さくなる、と七五三木社長は確信している。

1625648

 「ジョブズがアップルに戻り、MacのCPUをインテルに変えた時、ものすごい反応がおきましたよね? 中には『あんなのに変えやがって』という方もいた。OS Xが出た時もそうです。『こんな使いづらいものを誰が使うんだ?』と言われた。でも、1年後にはみなさんの声も変わっていきましたよね。そのときにみんななぜ許したかというと、Macそのものの魅力が高くなったからです。OSもそうですよね。そこでMacにこだわった人がいたのと同じようなこだわりを、我々は車で出せると思っていますし、お約束できると思っています」

ポルシェであってもスタートアップと同じ働き方が必須に

 とはいえ、自動車業界は、今後10年で大きく変わるのは間違いない。その波の中では、ポルシェ ジャパンも変わっていかざるを得ない。

 「これまでと同じ顔でいいのか? 車に対するちょっと違う要望があるんじゃないですか? ということは考えていかなくてはいけません。98年からの10年間での解決しなければいけない課題と、2008年からいままでの課題、そして今日から後の課題とでは、まったく違います。そこに現在いる人員で対応していく必要があります。自動車がネットワーク化され、スマートモビリティー化するなど、用途もニーズも多様化します。過去の命題を軽やかに解決していた人々でも、新しい課題には頭を抱えてしまうんですよ。

 たとえば、いきなり充電設備の敷設を担当しろ、と言われてもできませんよね。必要な情報を知らないんですから。今の人員のうち、3割・4割・5割が、まったく新しい知識を求められるようになる。すなわち、ポルシェ ジャパンという会社であっても、スタートアップと同じような働き方をせざるを得なくなるんです」

 七五三木社長は、今後に大きな危機感を持ちつつ、「それでも、ポルシェはみなさんの期待に100%応え続ける」という。スポーツドライビングの価値を提供する、という軸はぶれないためだ。そのためにどのような組織と知識が必要なのか。その変革は大変なものだが、なんのために変化すべきなのか、ということをぶらさないことが重要なのだ。

po

パナメーラ 4 E ハイブリッド スポーツツーリスモ(Panamera 4 E-Hybrid Sport Turismo)

1625648

全長:5049mm/全高:1428mm/車幅:1937 mm/ホイールベース:2950mm 総合出力(hp):462PS 総合出力(kW):340kW 発生回転数:5250 - 6500r/min 0 - 100km/h加速:4.6s 最高速度:275km/h 車両本体価格:1521万3000円(公式サイトより)

モビリティ関係者の来場も募集中 最先端IoT/ハード展示会
3/22『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』

 2018年3月22日(木)に東京・赤坂インターシティコンファレンスにて、IoT/ハードウェアの最先端スタートアップ・キーマンが集う体験展示+カンファレンス+ネットワーキングイベントを開催します。モビリティが大きな注目を集めたCESをはじめ、世界の大型イベントから2018年を予測するイベントも開催。モビリティ関係者も注目すべき国内最先端のテクノロジーを持つベンチャーも必見。詳細はコチラから!

IoT&H/W BIZ DAY 5

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking