2018年02月09日12時30分

モンハンワールド 斬裂弾を下方修正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
モンスターハンター:ワールド

 カプコンは9日、「モンスターハンター:ワールド」の最新アップデートVer.1.05を配信しました。アップデートに必要な空き容量はおよそ82MB。

 オンラインマルチプレイを始めとしたオンラインを利用するシステムおよび、DLCの利用には、最新バージョンにアップデートする必要があります。

 とくに大きな変更点としては、ライトボウガン、ヘビィボウガンの弾の性能の見直しが挙げられます。「通常弾Lv1/Lv2/Lv3」「貫通弾Lv1/Lv2/Lv3」「各種属性弾(滅龍弾を除く)の威力の上方修正だけでなく、「斬裂弾」の威力の下方修正ならびに他プレイヤーにヒットしたときのリアクションが緩和されています。

 また、「ザンレツの実」のアイテムポーチの所持数制限も、60から30に変更されています。今作では斬裂弾の威力が高いことが評判だった一方で、マルチプレイで他プレイヤーに斬裂弾が当たってしまうとよろけるリアクションが大きいことも話題になっていましたが、今回の修正により、メイン武器を変更するハンターも増えるかもしれません。

 また、サークルを利用しようとすると「サークルの情報を取得できませんでした。しばらく時間を置いて再度お試しください。」というエラーメッセージが表示され利用できなかった問題なども修正されています。

主な変更点

・サークルを利用しようとすると「サークルの情報を取得できませんでした。しばらく時間を置いて再度お試しください。」というエラーメッセージが表示され利用できない問題を修正
・サークルの集会エリアに稀にサークルメンバーではないプレイヤーが参加できてしまう不具合や、所属サークルの集会エリアに参加できない不具合を修正。なお、サークルメンバー以外でもサークルの集会エリアからのフレンド招待や、集会エリア番号入力による参加は引き続き可能
・一部のユーザーが「全世界で500万本達成記念!アイテムパック」が受け取れない不具合を修正。また、配信期間を2月23日(金)AM8:59まで延長
・特定の条件下で装飾品が紛失してしまう不具合を、紛失しないよう修正
・キャンプのテント内のアイテムBOXから「アイテムの確認・売却」選択時に不具合があり、装飾品タブを非表示に変更
・ライトボウガン、ヘビィボウガンの弾の性能の見直し。通常弾Lv1/Lv2/Lv3、貫通弾Lv1/Lv2/Lv3、各種属性弾(滅龍弾を除く)の威力の上方修正
・斬裂弾の威力の下方修正と、他プレイヤーにヒットしたときのリアクションを緩和
・ザンレツの実のアイテムポーチの所持数制限を60から30に変更 ※すでにザンレツの実がアイテムポーチに31個以上ある場合、余剰分はそのまま使用可能
・スリンガー滅龍弾の龍封力を新計算式に修正
・生態マップに表示される環境生物(シビレガスガエルなど)の情報が保存されず、フィールド間移動を行うと消えてしまう不具合を、保存され再表示されるよう修正
・任務クエスト「電影走るはトビカガチ」がクエストボードに登録される直前の植生研究所の所長との会話中に別のクエストに参加すると、「電影走るはトビカガチ」がクエストボードに登録されなくなる不具合を、登録されるように修正
・スタートメニューのサブメニュー(リストから調合のリスト等)を開いたままでクエストクリアすると、稀にクエストクリア時にプレイヤーの操作が効かなくなる不具合を修正

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking