2018年02月08日15時30分

IIJ、千葉県白井市に新データセンター建設を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 インターネットイニシアティブは2月6日、データセンター「白井データセンターキャンパス」を建設すると発表した。今後想定されるIoTの本格普及などにともなうデジタルデータの増大やクラウド需要に対応した中長期のサービス設備拡張に備えるためとしている。

 ネットワーク、クラウド、セキュリティーを中核とした幅広いサービスを提供する中、運用で取り扱うデジタルデータやサーバー設備は増加の一途にあり、今後IoTが本格普及することでますます多くのファシリティー・サーバー設備が必要になると予測して建設に踏み切ったという。

 白井データセンターキャンパスは千葉県白井市に建設し、2019年春の稼働開始を予定。敷地面積およそ4万平方mに最大50MWの受電容量を備え、6000ラック規模の設備収容ができるとしている。またデータセンター建屋の工法として「システムモジュール型」を採用することで柔軟な拡張性、短工期、低コストを実現し、デジタルデータの増大に応じて段階的に拡張する予定だという。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking