2018年02月08日10時00分

深センにあった未発表のGalaxy S9とS9+らしきスマホケースはこんなだ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
380

 サムスン電子は2月25日にスペイン・バルセロナで新製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2018」を開催します。もはやここで発表される端末は「Galaxy S9」「Galaxy S9+」であることは間違いないでしょう。この2機種については様々なリーク情報や噂話が出ています。なかでも製品サイズは気になるところです。

380
旧正月前の深セン電脳街にやってきました

 ところで中華圏ではまもなく旧正月を迎えます。今年は2月16日がお正月。お正月になると深センの電脳街も1週間近く休みとなってしまいます。そんなわけで、お店が閉まる前、正月前の電脳街を探索してみました。するといくつかのケース屋さんに見慣れぬ機種名のケースが並んでいます。

380
S9って、もしかしてGalaxyですか!?

 S9/S9 Plusと無造作に貼られた商品札、これって何ですかと聞くと「S9とS9+だよ」とのこと。お店の人は「サムスン」とも「Galaxy」とは言っていません(笑)。しかし、今月の新製品発表を前に、早くもケースが登場しているようです。ケースの種類はいくつかあり、本革から合皮、透明タイプなど複数がすでに販売中。

380
こちらは別のタイプ。SAMというメーカー対応、ってサムスンでしょ

 ウワサではGalaxy S9はシングルカメラ、Galaxy S9+はデュアルカメラで縦2列配置と言われていますが、展示されていたS9とS9+の透明タイプケースを見ると、確かにそんな感じ。もちろんこれが正しいかどうかはわかりませんけどね。

380
S9+(左)とS9のカメラの違いがわかる

 では実際にケースを見てみましょう。まずは右側面。電源ボタンのみが配置されているのはGalaxy S8/S8+と変わりません。

380
本体右側には電源ボタンを備える

 そして左側面には長いボタン=音量上下ボタンがあり、その下にもうひとつのボタンがあります。Galaxy S8/S8+同様、音声AIアシスタントのBixbyの呼び出しボタンをS9/S9+も備えるようです。

380
左側面にはBixbyボタンもあるようだ

 本体下部には丸い穴があります。これは3.5mmヘッドフォン端子でしょう。S9/S9+でもヘッドフォンジャックは廃止されないようで安心しました。USB Type-C端子のみの端末が増えていますが、いざってときに市販のヘッドフォンが使えないのは不便ですからね。

380
下部はヘッドフォン端子とUSB Type-C端子

 ここからは、ケースに端末を入れたと思い込んで、手で持ってみましょう。まずはS9のほう。サイズは現行のS8とほぼ同じのようです。カメラ部分の穴が縦に空いていますが、シングルカメラのためか開口部はあまり大きいとは思いません。コンパクトなサイズで持ちやすいですね。

380
S9の(ケース)サイズはS8とほぼ同じ

 一方S9+も、Galaxy S8+とほぼ同じ大きさのようです。カメラが縦に2つ並んでいるうえに、その下に指紋認証センサーがあるので背面のイメージはかなり変わっています。「Samsung」や「Galaxy」あるいはキャリアのロゴがどの位置に配置されるか気になります。

380
カメラ部分が縦に開口しているS9+のケース

 ケースを見る限り、S9/S9+がカメラ進化の製品であることがよくわかります。果たしてこれがGalaxy S9/S9+用のケースかどうかは神のみぞ知るですが、まあ相変わらず深センの動きの速さには感心してしまいますね。

380
S9/S9+が発売されてもケースに困ることは無さそう

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking