2018年02月06日19時00分

SUVの皮を被ったスーパーカー! ランボルギーニ・ウルスがジャパンプレミア!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ファミリーで出かけられるランボルギーニ
スーパーSUV「URUS」(ウルス)が登場

 ランボルギーニといえば、古くはウラッコやミウラ、カウンタック、最近だとアヴェンタドールやウラカンといった2シーターのスーパースポーツをリリースしてきた、紛れもないスーパーカーメーカーである(オフロード4WDの「LM002」が存在したが)。そんなランボルギーニが初めてSUV市場に参入した。それがスーパーカーの方法論で作られた「URUS」(ウルス)である。なお、ウルスの名前の由来は同社の他モデル同様、闘牛に関係する。

URUS

 今日6日、都内でジャパンプレミアが開催され、ウルスが華々しく日本デビューを飾った。イベントにはランボルギーニのCEO、ステファノ・ドメニカリ氏も来日し「このモデルは今後の同社の方向性を示している。これからランボルギーニにとって新しい時代が始まります」とプレゼンした。また、このウルスは「ファミリーや友達と出かけることもできるし、ゴルフバックが2~3個のるランボルギーニだが、中身はアヴェンタドールなどのDNAを受け継いでおり、オフロードからサーキット走行まで安定した走りができる」とアピールした。

URUS
Chairman&CEO Stefano Domenicali
URUS
CTO Maurizio Reggiani
URUS
General Manager ASIA Pacific Andrea Baldi

 マシンスペックはエンジンがV8/4リッター、最大出力650馬力、最大トルク850Nm、そしてランボルギーニ初のツインターボ搭載車であることが強調された。そして、舗装路、未舗装路はもちろん、砂漠や雪上といったシーンでも瞬時に車体の設定を変更できる「Tamburo」というシステムを搭載している。ウラカンなどでも「STRADA」「SPORT」「CORSA」といったドライブモードセレクターがあったが、ここに「NEVE」(雪上)、「TERRA」(オフロード)、「SABBIA」(砂漠)という3つのモードが加わった。日本なら北海道から鳥取砂丘まで疾走できるというわけだ。

URUS
Tamburoの解説。あらゆるシーンに対応する
URUS
2.2トンのボディーを止める強力無比な制動力
URUS
URUS
ランボルギーニの量産車は、アヴェンタドール(左)やウラカン(右)にウルスが加わる

 ドメニカリCEOは、ランボルギーニとって日本は世界で第2の市場であり重要マーケットであるとしながら「我々にとってまだスタート地点。チャンスは目の前にたくさんある。最近は若者にも支持されている。今後、世界販売台数をこれまでの2倍にしたい。ランボルギーニはますます成長していく」と締めた。

URUS
ドメニカリCEOいわく、昨年は世界的にランボルギーニが売れたという

 なお、価格は2779万9200円。納車は2018年春予定とのこと。

URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
URUS
ランボルギーニ「ウルス」の主なスペック
エンジン V型8気筒
排気量 3996cc
最大出力 650HP/6000rpm
最大トルク 850Nm/2250~4500rpm
トランスミッション 8速AT
最高速度 305km/h
0-100km/h 3.6秒
サイズ 全長5112×全幅2016×全高1638mm
車両重量 2200kg
タイヤ(フロント/リア) 285/45 R21/315/40 R21
価格(税込) 2779万9200円

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking