2018年02月05日15時30分

VRで教育現場を支援 富士通と香川大学が実施

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 富士通と香川大学は2018年1月31日から3月31日まで、VR技術を用いて離島や僻地の教職員などを遠隔支援する実証研究を実施する。特別支援教育の専門的な知識を、VR技術の活用で向上させることが目的だという。

mogura
専門家が授業の様子をVRで確認しているイメージ

 香川大学教育学部の坂井研究室と宮崎研究室、および富士通は、従来より障がいの有無にかかわらず誰もが共に学べる教育理念「インクルーシブ教育」システムの構築に向けて活動している。日本政府はインクルーシブ教育を実現するうえで、すべて教員が特別支援教育に関する一定の専門性を有することの必要性を挙げている。しかし離島や僻地の学校では、地理的な要因により、教員や支援員に対する特別支援教育の専門家による支援が十分に受けられないという課題があるという。

 このような課題に対し、富士通と香川大学は、VR技術を用いて現場の教員や支援員などを専門家が遠隔から支援するシステムの実証研究を開始する。本研究では、特別な支援を必要とする子どもたちの授業を全天球カメラで撮影。専門家が遠隔からその様子を確認する。現場に近い状況を共有することで、離島の教育現場へより的確なアドバイスが可能になるとのこと。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking