2018年01月31日17時30分

ゾーホージャパン、クラウドサービス連携プラットフォーム「Zoho Flow」の提供を開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ゾーホーFLOW
「Zoho Flow」

 ゾーホージャパンは1月30日、クラウドサービス群「Zoho」シリーズの新たなサービスのひとつとしてクラウドサービス連携プラットフォーム「Zoho Flow」を開始した。

 さまざまなクラウドサービスを連携させるためのラットフォーム。Zohoサービスに加えてGmail、Googleカレンダー、GoogeドライブなどのGoogleサービス、ChatWorkやSlackなどのビジネスチャットサービス、法人向けクラウド名刺管理サービスSansanのほか、SendGrid、Zendesk、Stripeなどと標準で90以上のサービスと連携が可能。

ゾーホーFLOW
フロー図を用いることで処理内容や条件分岐も指定可能 

 ギャラリーには200以上の設定例が予め用意されており、選択して画面に表示される内容に沿っていくだけで簡単に設定を完了できる。起動条件や処理内容を設定、データを取得して引き渡し・差し込み、処理の条件分岐なども可能。

 無料プラン(フロー数5/タスク数100件)のほか、1200円/組織/月の「スタンダードプラン」(フロー数20/タスク数1000件)、3000円/組織/月の「プロフェッショナルプラン」(フロー数50/タスク数3000件)が用意される。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking