2018年01月29日09時00分

Core i5をi7より速くする「VAIOの高速チューン」を検証、効果を実感!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
「VAIO、法人向く。」の現在を探る第21回

 1月18日に発表された第8世代インテルCoreプロセッサー搭載モデルのVAIO Pro PG/ PFは、単なる最新世代のCPUを搭載しただけではなく、独自チューニング「VAIO TruePerformance(以下VTP)」を施してきたことで、注目を集めている。今回は、VTPの実力を検証するとともに、オススメ構成をご紹介しよう。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第21回
↑VAIO S11には新色ピンクも投入され計5色になった(ALL BLACK EDITION含まず)。法人向けには用意されてはいないが、個人的には企業で導入してもいい色だと思う。

ベンチマークでわかったVTPの効果

 今回新たに選択できるようになったのは、Core i7-8550U(1.8GHz / 最大4GHz)とCore i5-8250U(1.6GHz / 最大 3.4GHz)の2つ。CPUが第8世代になったため、メモリー周りも代わり、転送速度が1866MT/sから2133MT/sにアップ。重量は、サーマル部品の追加により約10gアップしている。

 サーマル部品の見直しは、VTPのためだ。前回の記事で仕組みを紹介したが、VTPはインテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0の動作において、よりパフォーマンスを向上させるようCPUパッケージパワーのリミット値を調整している。それに伴い電源の強化と放熱用のヒートパイプの熱輸送力を従来より33%向上させ、放熱用フィンの熱交換率を10%向上させている。ファンの回転数テーブルのチューニングも施しているが、この放熱力を向上させるための重量アップだ。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第21回
↑サーマル部品の見直しと電源の強化によりVTPを実現している。

 第7世代インテルCoreプロセッサーのときに、なぜVTPができなかったのかというと、それはコア数が関係している。第7世代で採用されたプロセッサーは、Core i7-7500U(2.7GHz/最大3.5GHz)とCore i5-7200U(2.5GHz/最大3.1GHz)で、いずれも2コア4スレッドだった。今回採用された第8世代は先述のとおりCore i7-8550UとCore i5-8250Uで、いずれも4コア8スレッドになる。第8世代のほうがコア数は倍になったので、基本動作周波数は抑えられているが、実はこれがVTPを生み出した秘密なのである。

 CPUは、電力を増やすと動作周波数が上がりパフォーマンスがアップする。インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0もこれを利用して、一時的に電力を増やすことで最大のパフォーマンスを発揮させる。ただ、そのままでは発熱により動作を維持できないため、持続可能なパフォーマンスまで落とすことになる。電力を上げたとき、パフォーマンスは比例してアップするのではなく、対数関数的に変化するので、1コアあたり同程度電力を上げても、パフォーマンスの増加は動作周波数が低いほうが上がり幅は大きくなる。第7世代の2コアより第8世代の4コアのほうが動作周波数は低いため、第8世代のほうが上がり幅は大きくなる。しかもそれが4コアぶんなので、大きな効果も期待できるわけだ。このため、上がり幅が低く2コアだった第7世代は、あまり旨味がないのでVTPの適用は見送られたのだ。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第21回
↑VTPの概念図。VAIOのサイトより。

 実際、Core i7-8550U 搭載モデルでVTPをオン/オフしたとき、動作周波数にどのような変化があるのかCPU-Zを使ってチェックしてみた。アイドル状態だとどちらも800MHzから1GHzあたりで動作していたものが、負荷をかけると(ここではCPU-Zでストレステストを使用)ターボブーストが掛かって最大動作周波数までアップ。その後、持続可能になる周波数まで落ちるが、このときVTPオンとオフの差が200MHz程度違っていた。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第21回
「VAIO、法人向く。」の現在を探る第21回
↑ストレステスト中にCPU-Zで各コアの動作周波数をチェック。VTPオンとオフでは200MHzほど違った。

 VTPのオン/オフは、VAIOの設定ツールの「CPUとファン」で「パフォーマンス優先」にするとVTPがオンになる。第7世代でもこの設定があるので、Core i7-7500U搭載モデルでも同様に測ってみたところ、「標準」と「パフォーマンス優先」の差は30MHz程度とごくわずかだった。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第21回
↑VAIOの設定ツールの「CPUとファン」の項目で、VTPのオン/オフがいつでも設定できる。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking