2018年01月26日19時30分

楽天とウォルマート 日本ではネットスーパー、米国では電子書籍で提携

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
rakuten

 楽天とウォルマート・ストアーズは1月26日、日本と米国における戦略的提携を発表した。2018年度第3四半期に、日本でネットスーパー事業の協働運営を開始するほか、年内に米国で「楽天Kobo」関連製品を独占販売する。

 日本での協業事業は、楽天とウォルマートの日本子会社である西友が担当。2018年度第3四半期(7~9月)に「楽天西友ネットスーパー」を協働運営するため、新会社を設立することで基本合意したという。

 配送については西友の実店舗からの配送に加え、2018年内にネットスーパー専用の配送センターを設け、配送件数を大幅に拡大するという。品揃えは生鮮食品や日用品のほか、カット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品の品揃えを拡充するとともに、楽天によるお取り寄せグルメも取りそろえるとする。サイト運営には楽天が持つビッグデータやAIなどのノウハウを活用した商品の提案を実施。「楽天スーパーポイント」も導入する予定だ。

 米国での協業事業は、トロントに本社を置くRakuten Koboとウォルマートが担当。ウォルマート実店舗や「Walmart.com」が楽天Koboの電子書籍や端末といった関連製品を取り扱う。販売開始は年内を予定しており、およそ600万作品の電子書籍やオーディオブック、実店舗のデジタルブックカードを米国市場で展開する。

 また、ウォルマートと楽天Koboの両ブランドを冠したスマホ向け無料アプリも提供予定。パソコンのデスクトップアプリも用意されるという。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking